「music」リリース決定記念!三浦大知が誇る”ハッピー&ポップ”な楽曲をピックアップ!

「music」リリース決定記念!三浦大知が誇る”ハッピー&ポップ”な楽曲をピックアップ!


6月17日にニューシングル「music」をリリースすることが決定した三浦大知。同曲は、音楽に対する普遍的な思いをストレートに表したハッピーなポップ・チューンで、大知にとって新境地にあたるナンバーとのこと。どのような新鮮なアプローチを仕掛けてくるのか早くも気になるところだが、「ハッピーでポップ」というテーマそのものは、過去にも幾度となく歌われてきていることにお気づきだろうか。

大知の場合、持ち前のダンスをスタイリッシュに打ち出す必要があることから、曲調もシリアスかつクールなものに重きを置きがちだ。しかしその一方で、爽やかなメロディに乗せて飾らない気持ちをキャッチーに伝えることにも精力的に取り組んできた。前者がアーティストとしての能力にフォーカスを当てているとするならば、後者は明らかに大知のキャラクター性、すなわち素の表情に迫った作風であり、数少ないながらも朽ちない魅力を放ち続けている。

その点を踏まえつつ今回は、大知が誇るハッピーでポップな世界観を独自にピックアップ。「music」が解禁となる前に、温厚篤実な彼のパーソナリティをじっくりと予習・復習しておこう。

「Keep It Goin' On」
▲「You’ll Be Mine」
2005年のソロデビュー作「Keep It Goin’ On」のカップリングとして収録された1曲。突き抜けるようなサビの高音と、意中の女性をエスコートするアクティブな歌詞に注目。

「D.M.」
▲「RUN WAY」
「The Answer」などを手がけたU-Key zoneとMOMO”mochA”Nのコンビ作。3rdアルバム「D.M.」の中でもとりわけポジティブなナンバーで、サビ終盤に訪れる「Take offまで秒読み」のフレーズはライブでもお馴染み。