【インタビュー】FAKY、遂にメジャーの地へ。新境地炸裂のアルバムを発表

【インタビュー】FAKY、遂にメジャーの地へ。新境地炸裂のアルバムを発表


——「Bad Things」は、本邦初公開の新曲。これまたクールな1曲ですね。

Akina:私、この曲がめちゃくちゃ好きで。アメリカに住んでいた頃、アメリカンポップをずっと聴いていたんですけど、「Bad Things」は個人的に、このアルバムの中でアメリカンポップに一番近いような気がしました。日本にはあまりないブルージーでR&Bな感じがサウンドに取り込まれていて、それが私の感覚にフィットして。

Akina(FAKY)

Akina(FAKY)

Lil’Fang:この曲は、デモをもらった時点からメンバー内の人気も高くて。FAKYとして期待に添える曲になるかどうかは、いつも歌ってみないと分からなかったりするんですけど、この曲は歌ってみた瞬間から「あっ、ハマった」「かっこいいFAKYがまた見せられるね」って。今までとは違う“オトナFAKY”が表現出来たんではないでしょうか!

——サビでの<Feel So Good>の高音リフレインが気持ちいい曲ですね。このフレーズの担当は誰が?

Mikako:私です!

——へぇ!今までクールなイメージが強かったので意外です。

Lil’Fang:皆さん気付いていないと思うのですが、メンバーの中で一番キーの幅が広いのはMikakoなんです。私よりも全然高い声が出て。

Mikako:これ、(歌ってみて)全然キツくなかったんですよ。逆に気持ちが良かったぐらい。(岡嶋)かな多さんと一緒にレコーディングをしているときに「悪いことも気持ち良い!っていう感じで歌って」と言われて、それを自分の中で解釈して歌ったら、声も本当によく出たんです。

——そして最後の曲「Someday We’ll Know」は、旅立ちをテーマにした曲。

Anna:どんな人にも、「こんなことがしたい」っていう夢があるじゃないですか。時には、自分が今いる環境のせいでそれが叶わないとか、「私じゃ無理だ」って落ち込む事もあると思うんですけど、この曲には「そんなことないよ」「自分の直感を信じて、そこに向かって飛んでいっていいんだよ」というメッセージを込めていて。今の私たちにとっても大事な意味合いを持つ曲ですね。今は辛い事があっても、この先前に進めたときにその本当の意味が分かるはずだって。

——「エアアジア」とのタイアップソングということで、宙を舞っているような独特の感覚も味わえる曲ですよね。

Anna:飛行機に乗る前って、何だかワクワクするじゃないですか。そういうムードがよく出ているから、今回「エアアジア」さんに使って頂けて嬉しかったです。あとはダンスでも、飛行機の羽のような振り付けを取り入れたりしています。

▼FAKY「Someday We’ll Know」

——メジャーデビューを果たすにあたって、目標や意気込みは新たに生まれたりしましたか?

Anna:決してゴールではなく、むしろやっとスタート地点に立てるような気がしているので、ここからより頑張っていかなきゃいけないな、という思いが強いです。

Lil’Fang:メジャーデビュー前からの目標で言うと、ワンマンライブをやること、ですかね。私たちだけのために時間を割いて観に来てくれるお客さんや、スタッフさんと一緒に作り上げた空気を味わいたいなとずっと思っているので、近い将来絶対に叶えたいです。

——個人的には、これからも積極的に新曲を発表し続けてほしいです。そして、どんどんFAKYというグループをアップデートしていってほしいなと。

Lil’Fang:頑張ります!実は、すでに新しい曲の制作を行ったり、新しいチャレンジとして4人で曲を書かせてもらったりしているんです。そうやってトライし続ける姿勢をこの先も忘れずに、その都度新しいFAKYをお見せ出来ればなと思っています。

FAKY『Unwrapped』(CDのみ)ジャケット

FAKY『Unwrapped』(CDのみ)ジャケット

——では最後に、「UTALABO」をご覧の皆さんに向けてメッセージをお願いします。

Mikako:結成5年目にしてやっとメジャーデビューという日を迎えられるということで、不安や期待が入り交じった状態なのですが、このアルバムは、そんな色んな気持ちを4人で表現した自信作なので、ぜひ色んな人に聴いてもらいたいです。

Anna:私たち4人はそれぞれがバラバラで、「まとまりがない」って思われることもあるかもしれないのですが、それだけ自分のカラーを大切にしていて、4人が合わさったときにFAKYという揺るぎない形を発揮する原動力にもなっているんです。応援してくださる皆さんにも、それぞれのカラーを大事にして頂きたいと思っているので、何かで凹んでしまった時には私たちのことを見て、「こんな4人でも上手くやれるのか!」って、励みにしてもらえたら嬉しいです!

Akina:「FAKYをサポートしたいからアルバムを買う!」と言ってもらえるのももちろん嬉しいですが、何よりもそれぞれの曲を楽しみにしながらアルバムをゲットしてほしいですね。ジャンルもバラバラで、メッセージ性も違う6曲ですが、私たちがそのひとつひとつに注いだこだわりをチェックしてください!

Lil’Fang:「UTALABO」さんの読者の方はライブ好きな方が多いと思うので、FAKYのライブを楽しむための予習としてこのアルバムを聴いて頂けたら一番嬉しいです。それこそ、この曲順でセットリストも組みたいなと思っています!またぜひ「UTALABO」さんのイベントにも出させて頂きたいので、引き続き応援よろしくお願いします!

<FAKY>
2013年に活動を始動したワールドスタンダードなガールズグループ。グループリニューアルの期間を経て、2015年の秋より現在の4名に。2016年には配信EP『CANDY』をリリースし、iTunesのJ-POPトップアルバムで1位を記録。同年、「SUMMER SONIC 2016」や『a-nation stadium fes.』をはじめとする大型の音楽フェスへのライブ出演も果たし、2017年には『POPSPRING 2017』にも出演を果たす。最新EP『Unwrapped』に収録されているシングル『Surrender』は、Spotifyバイラルチャート全米7位にチャートインするなど、海外でも通用するガールズグループとして多くの人々から支持を集めつつある。

 

FAKY『Unwrapped』
2017年6月14日発売
<Amazon>
<iTunes>

<CD>
1. Keep Out
2. Candy
3. Are You OK?
4. Surrender
5. Bad Things
6. Someday We’ll Know

<DVD>
1. Candy -Music Video-
2. Are You OK? -Music Video-
3. Surrender -Music Video-
4. Someday We’ll Know -Music Video-
5. FAKY is BACK Teaser
6. Making Movie (FAKY is BACK ~ Afterglow ~ You ~ Surrender ~ Someday We’ll Know)

<イベント情報>
『LIGHTEN(ライテン)』
日程:2017年7月1日(土)
会場:VUENOS
時間:OPEN 16:00 / START 16:30
料金:前売り券3500円/当日券4000円(D別)
出演者:AI ECO INA / A-HOUSE / color-code / 彩-xi- / JURIUS / BANANALEMON / FAKY / FAYS / MADKID

チケット:イープラスにて6/11(日)12:00より発売

<関連リンク>
FAKY 公式サイト
FAKY Instagram
FAKY Twitter