【インタビュー】FAKY、遂にメジャーの地へ。新境地炸裂のアルバムを発表

【インタビュー】FAKY、遂にメジャーの地へ。新境地炸裂のアルバムを発表


Anna(FAKY)

Anna(FAKY)

——では、収録曲を追っていきたいと思います。まずは1曲目を飾る「Keep Out」。2015 年の秋にグループの再始動を告知するティザー動画に使用されてから、およそ1年半越しでの音源化となります。まさに待望の1曲ですね。

Lil’Fang:(ライブの)SEとして使用していて、今となっては「FAKYと言えばコレ!」という曲になりつつあると思うんですけど、肝心のリリースはしていなかったので、ファンの方からはしょっちゅうツッコまれてきました(笑)。

——個人的にもこの曲は、ティザーで解禁されてから間もなくしてリリースされるものだとばかり思っていたので、世に出るまでにこんなに期間が空くとはびっくりです。でも、そこら辺が憎いなとも感じました。ライブでは披露されているから、ファンの人にとってはすっかり馴染み深くなったタイミングだと思いますし。

Lil’Fang:そこまで言われちゃうと恥ずかしいですね(笑)。でも実際、FAKYの代表曲として定着させたいという意図はありました。ライブのオープニングナンバー的な存在なので、今となってはこの曲を聴くとライブの始まりをイメージする人が多いと思いますし、多分『Unwrapped』で初めてFAKYに触れてくださる人も、この曲で(FAKYの世界に)入ってきやすいのかなって。

Anna:ファンの皆さんには、すでにこの曲で「何かが始まるワクワク感」みたいなものを感じてもらえていると思うので、アルバムをゲットした人にもぜひ同じような気持ちを味わって頂きたいですね。

——そしてこの「Keep Out」は、かの大沢伸一プロデュースということで、驚きも倍増です。初めて曲を聴いたときの感想はどういったものでしたか?

Lil’Fang:もうトラックだけでいいんじゃないかと(笑)。「これだけで全然楽しく踊れちゃうね」って、メンバーのみんなと話してました。

▼FAKY「Keep Out」

——あらためて、この曲を解説すると?

Lil’Fang:私たちにしては珍しく、素直な女の子が主人公です(笑)。FAKYとして初めて発表した「Better Without You」は、”あなたなんていなくても生きていけるわ”ぐらいの強気な内容だったので、尚更そう思います。初めて聴いた時の私たちの解釈は、“このままじゃ終われないよ、どうするつもりなの?”って、自分たち自身の状況に問いかけてくれている曲のように感じました。でもライブで歌っていくにつれて、恋をしている女の子の素直な気持ちを歌っているんだなって、それこそ素直に思い始めて。今まで歌ってこなかった私たちのキャラクターがたくさん出ている曲です。

——2曲目の「CANDY」も、ライブでもお馴染みの1曲。昨年のEPに続いて再収録されているわけですが、これには何か特別な意図が?

Anna:テレビなどで歌わせて頂く機会もあったりで、私たちのことをこの「CANDY」で知ったと言ってくれる人が本当に多いんです。私たちの代表曲である以上、「これは入れるしかないね」という話に自然な流れでなって。すごくキャッチーな曲ですよね。<赤いアメが食べてみたい?それとも青いアメ食べたい?>って、誰もがすごく気になるフレーズだし、ライブでもみんなが手を叩いたり、振りを真似して盛り上がってくれるので、当初から「この曲を入れない」という選択肢はなかったです。

Lil’Fang:新生FAKYになってからは外せない曲ですね。4人で初めてレコーディングした思い出の曲でもありますし。

——ガーリーな仕上がりのミュージックビデオも必見ですね。

Anna:それまでは格好を付けたPVが多かったんですけど、この曲は「初めて私たちの笑顔が見られたんじゃないか」っていうぐらいにポップで、一回見ればかなり印象に残るんじゃないかなと思います。

▼FAKY「CANDY」