【インタビュー】FAKY、遂にメジャーの地へ。新境地炸裂のアルバムを発表

【インタビュー】FAKY、遂にメジャーの地へ。新境地炸裂のアルバムを発表


Anna、Lil’Fang、Mikako、Akinaで構成されるガールズダンスグループ・FAKYが、ミニアルバム『Unwrapped』でメジャーデビューを飾る。メンバーチェンジを経て、新体制としてリスタートを切ったのが2015年秋。以降、FAKYは精力的なライブ活動を続ける中で、パフォーマンススキルや歌唱センスに磨きを掛けてきた。本作には、華やかなダンスミュージックの数々はもちろん、新しいフィールドに挑戦する彼女たちの勇姿もパッケージ。他の追随を許さぬほどに世界標準を体現する、その“中身”とは——

取材・文:白原ケンイチ


——新体制になった初めてのEP『CANDY』から、本作リリースに至るまでの1年を振り返ってみていかがですか?

Anna:このアルバムをリリースするにあたって、色んなモールでイベントをやらせてもらっているのですが、以前とは比べものにならないぐらいたくさんの方に観に来て頂けるようになって、それが本当に嬉しいです。初めて4人で地方を回った頃は、まだまだ私たちのことを知らない方も多く、両手で数えられるほどのお客さんしかいなくて。正直あの頃は「どうしよう」「大丈夫かな」って不安にもなっていたんですけど、努力し続ければ結果に繋がることに今となっては気付けたので、もっと頑張ります。

Lil’Fang:あとは、私たち4人の中にも変化があって。以前はダンスの振りや声を揃えるのも、こうやってインタビューを受けるときの(喋る)タイミングとかも、全然合わなかったんです。それが今は、何も言わなくても4人の中で心を読み合う空気感が出来上がってきたように思います。

FAKY『Unwrapped』(イベント会場限定盤)ジャケット

FAKY『Unwrapped』(イベント会場限定盤)ジャケット

——おっしゃる通り、皆さんのダンスフォーメーションやトークの息は、ライブの出演回数を重ねるごとに整ってきているような気がしています。

Mikako:実際にファンの方から、「MC良くなったね」と言われたこともありました。日頃からMCが良くなるように練習してきたので、そんな言葉をもらえて素直に嬉しかったです。

——ライブと言えば、「SUMMER SONIC」や「POPSPRING」といった大型のフェスにもたくさん出演されましたね。そうした活動も、今の自信に繋がっているのかなと。

Akina:大きいステージには初めてFAKYに触れるお客さんがたくさんいるので、その人たちが笑っていたり、私たちのパフォーマンスを観て驚いている表情を見ると、すごく嬉しくなります。