Uru、綾野剛主演ドラマ『フランケンシュタインの恋』挿入歌を歌う!

Uru、綾野剛主演ドラマ『フランケンシュタインの恋』挿入歌を歌う!


YouTube発の歌姫として人気急上昇中のUruが、4枚目のシングル「しあわせの詩」を6月7日にリリース。同曲は、4月23日より放送がスタートし、早くも話題になっている日本テレビ系ドラマ『フランケンシュタインの恋』の挿入歌に起用され、早くも話題を集めています。

Uruのデビューまでの道のりをご紹介!

Uruは2013年の夏頃より、J-POPを中心とした様々なカバー曲をYouTubeに投稿。これが反響を呼び、彼女のYouTubeは2017年4月現在、登録者17万人、総視聴回数6000万回を誇るビッグ・チャンネルに。

▼スキマスイッチの「奏」をカバー

▼徳永英明のカバーも

そんなUruが、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズよりメジャーデビューを果たしたのは2016年春のこと。以後、話題の映画やアニメのタイアップを担当し、作品との親和性が高い稀代のクリスタルボイスで魅了してきました。

Uruの新曲が挿入歌となっているドラマ『フランケンシュタインの恋』は、名作『フランケンシュタイン』の舞台を現代の日本に置き換えた、大森寿美男脚本のオリジナルドラマ。不老不死の怪物と人間、その歳の差100歳の恋を描くラブストーリーで、永遠の命を持つ怪物役を綾野剛、ヒロイン役を二階堂ふみが演じています。

ドラマ『フランケンシュタインの恋』

ドラマ『フランケンシュタインの恋』

「しあわせの詩」はドラマのために書き下ろした楽曲で、ささやかな日常の中に感じるかけがえのない幸せを歌った内容に。森の中で佇むUruが、眩い光に包まれながら歌う幻想的なMVも必見です。

▼Uru「しあわせの詩」ミュージック・ビデオ

連日、緊張感の漂うニュースが流れる今だからこそ、Uruが語りかけように歌う<一つ一つ喜びが積もってゆく これが一番のしあわせ>のフレーズは、まるで水紋がゆっくりと広がっていくように聴く人の心に安らぎと充溢感を与えるのでしょう。

Uruの「しあわせの詩」、そして主題歌に起用されているRADWIMPSの「棒人間」がドラマの展開に今後どのようにリンクしていくのか、楽しみなところです。

文:Gissy

Uru「しあわせの詩」初回限定盤ジャケット

Uru「しあわせの詩」初回限定盤ジャケット

Uru「しあわせの詩」通常盤ジャケット

Uru「しあわせの詩」通常盤ジャケット


Uru「しあわせの詩」

2017年6月7日発売

<CD>
1. しあわせの詩
2. いい男
3. 5years. feat. fox capture plan
4. しあわせの詩 -instrumental-
5. いい男 -instrumental-
6. 5years. feat. fox capture plan -instrumental-

<DVD>
しあわせの詩 MUSIC VIDEO

Uru 公式サイト
Uru Twitter