80’sを遊べ!EXILE THE SECOND、パリピな新作「SUPER FLY」【レビュー】

80’sを遊べ!EXILE THE SECOND、パリピな新作「SUPER FLY」【レビュー】


昨年、シングル三部作を皮切りに本格始動し、初の全国アリーナツアーも大盛況を記録しているダンス&ボーカルユニットEXILE THE SECONDが、ニューアルバムからのパイロット・シングル「SUPER FLY」をリリース。

表題曲の「SUPER FLY」は、80年代をコンセプトに制作された愉快なパーティー・チューンで、現在進行形で躍進する彼らを象徴する楽曲に。要所に散りばめられているシャウトや、ブラスバンドを効果的に取り入れたSKY BEATZ製のバッキング・トラックなど、序盤からファンキーな要素が楽曲を盛り上げます。もちろん、元よりワイルドで開放的なボーカリゼーションを持ち味としてきたNESMITHとSHOKICHIの”お祭りスタイル”も健在。むしろ、ファンキーでアガれる作品へと仕上げることに意識を集中した結果、これまでの楽曲以上にラフに歌い上げているようにも感じました。

この楽曲の世界観をもっと楽しむために必ずチェックしたいのが、発売されたばかりのニューアルバム「BORN TO BE WILD」にも収録されているミュージック・ビデオ。80年代のパーティーを彷彿とさせるセットや衣装のほか、スタイリッシュかつ遊び心たっぷりな演出がとても印象的です。終盤のコール&レスポンス直後には、ブラック・マシーンの「How Gee」をオマージュしたダンス・ブレイク(音源の方には存在しないパート!)も挟み込まれており、視覚と聴覚の両面で”80年代感”を楽しめる仕様になっています。

カップリングでは、70’sディスコの定番曲でもあるアース・ウインド&ファイアーの名曲「September」をカバー。現代風にアレンジされたトラックの上で、NESMITHとSHOKICHIが疾走感たっぷりに歌唱しています。

EXILE THE SECOND「SUPER FLY」
EXILEの前身として知られるJ Soul Brothersの新生版として、2007年に原型が誕生したEXILE THE SECOND。J Soul Brothers名義での1stアルバムを2009年にリリースした直後にはEXILEに電撃加入を果たした彼らですが、当時は新メンバーだったこともあり、若さや勢いが大きくフィーチャーされていました。その後、これまでEXILEを牽引してきたオリジナルメンバーが次々と勇退し、さらに若い世代が新たなメンバーとして加わったことで、今やEXILE THE SECONDの面々はEXILEの中核を担う存在にまで成長。<人生なんてイージー(「SUPER FLY」の一節)>とさらりと言ってのけてしまえるのも、後輩グループが増え、LDH内で彼らが”上級生”になったからこそでしょう。

パーティー・チューンならではの悦楽のみならず、大人のオトコの余裕までもを追求したシングル「SUPER FLY」。ニューアルバムのクールネスにも拍車をかける孤高の1曲を、ぜひご堪能あれ。

文:スズキ

EXILE THE SECOND「SUPER FLY」
2017年2月22日発売
Amazon
iTunes

1.SUPER FLY
2.September
3.SUPER FLY (Instrumental)
4.September (Instrumental)

EXILE THE SECOND「BORN TO BE WILD」
EXILE THE SECOND「BORN TO BE WILD」

2017年3月1日発売
Amazon
iTunes

1. SUPER FLY
2. YEAH!! YEAH!! YEAH!!
3. Break It Down
4. 24/7 Cruisin’ feat.LL BROTHERS
5. Shut up!! Shut up!! Shut up!!
6. Dirty Secret (Remix) feat.AKLO
7. Shelly
8. Mo Bounce feat.Far East Movement
9. Going Crazy
10. Beautiful Angel
11. Because I Love You
12. RAY
13. Step into my party
14. WILD WILD WILD

EXILE THE SECOND 公式サイト