ラヴソングの定番!back number「ヒロイン」に宿る恋の魔力(AYUMI連載)

ラヴソングの定番!back number「ヒロイン」に宿る恋の魔力(AYUMI連載)


寒さ本番のこの季節、皆さんはどんな曲を聴いていますか?私、AYUMIは最近、冬の早朝特有の澄んだ空を眺めながら、メロウな曲に浸ることにハマっています。何だかその瞬間だけ、ミュージック・ビデオの主人公になったような気分になるんです。これ、分かってくれる方いますよね?(笑)

さて、私が「UTALABO」でやらせて頂いている連載「私が恋したラヴソング」、第2回目となる今回はこの曲を取り上げたいと思います。3人組バンド、back numberの「ヒロイン」です。

昨年末に初のオールタイム・ベストアルバムをリリースしたばかりのback number。2015年1月にリリースされたこのシングルは、globe、GLAY、SEKAI NO OWARIといった人気アーティストを起用してきた「JR SKISKI」のCMソングでした。女の子への片想いを題材にしたシンプルで共感しやすい歌詞が評判を得て、back numberを代表するピュアなラヴソングの一つとして今なお親しまれています。

何と言ってもたまらないのが、何度も繰り返し登場する<君がいい>というフレーズ。どんな言葉よりもストレートで飾り気がなく、まるで魔法のように心をぎゅっと掴まれてしまいます。たとえば、普段は自分の気持ちを素直に表現しないあの人に、普段はふざけてばっかりのあの人に、唐突に「君がいい」だなんて言われたら、ときめかないわけがありません!男性の隠したくても隠しきれない本音をまるっと表した言葉のようで、私は大好きです。「今、好きなあの人にこう思われたら・・・」と妄想を膨らませてしまうのはもちろんですが、「高校生の頃、雪が降る学校帰りにデートしたあの時、こう思われていたのかな…」なんて、懐かしい恋も思い出して胸が熱くなります。

また、後半部分の<どんな映画だって どんな小説や音楽だって そのヒロインに重ねてしまうのは君だよ 行ってみたい遠い場所でも見たい夜空も隣に描くのはいつでも>という部分に激しく共感。誰かに恋をしている時って、何をしていても二人の恋物語をついつい想像し始めてしまうんですよね。自分自身がそうだからこそ、男性も好きな人をいろんなものに重ねているんだなと思うと、何だかとても嬉しい気持ちになります。

冬を連想させる煌びやかなサウンドと柔らかくて優しい歌声も相まって、我々が抱く”一途な恋心”をドラマティックに引き立てるback numberの「ヒロイン」。是非、好きな人を思いながら聴いてみてください。

さて、今回の連載、いかがでしたか?回を追うごとにどんどん妄想が膨らんでいる気がしますが・・・(笑)、これからもいろんなラヴソングを私なりに解釈出来ればと思っておりますので、次回もお付合いください♪

back number
back number「アンコール」(「ヒロイン」収録)
2016年12月28日発売
iTunes


 

AYUMI
<ライター紹介>
AYUMI
岩手県出身。音楽とお酒をこよなく愛するアラサー女子。友達に誘われて行った三浦大知のライブを見て一気に音楽の魅力に取り憑かれ、音楽ライターを目指す。ブラックミュージックをよく聴くが、中でも恋愛系の楽曲が大好きで、音楽を聴きながら日々妄想に耽っている。

AYUMI Twitter