【私が恋したラヴソング】加藤ミリヤ「Aitai」(AYUMI 連載)

【私が恋したラヴソング】加藤ミリヤ「Aitai」(AYUMI 連載)


いつも「UTALABO」をチェックしてくださっている皆さま、初めまして!「UTALABO」ライターのAYUMIと申します。突然ですが、皆さん恋愛の曲は好きですか?私は大好きです!恋愛している時はずっと、その人のことを考えながらハッピーなラヴソングを聴いていろんな妄想をしてますし、失恋した時は暇さえあれば失恋ソングを聴いて、自分の気持ちを落ちつかせています。こうやって文字にするとちょっと怖いですが(笑)、私と同じようにラヴソングと向き合っている人はきっと少なくないはず!

さて、そんなラブソング中毒の私が、今回から「私が恋したラヴソング」と題して連載をスタートすることになりました!テーマはズバリ、音楽×恋愛。これをきっかけに、より多くの人に恋愛ソングの魅力を伝え、心の拠り所となる曲を見つけてもらえたら嬉しいなと思っています。どうぞよろしくお願いします♪

それでは早速、連載第一回目の楽曲をご紹介します!
加藤ミリヤさんの「Aitai」です。

2009年にリリースされたこの曲は、”実らないと分かりながらも想うのをやめることが出来ない恋心”を歌った失恋ソング。加藤ミリヤ史を代表する、ご存じ名曲です。

実らない恋を自分自身がしている時って、『どうせ辛い思いしかしない』と分かっていても諦められなかったりしますよね。もしそれが自分でなく友達なら、『他にもっといい人が沢山いるよ!!』って言いながら必死で止められるのに・・・。本当に恋愛というものは、つくづく心が不自由になります。

「Aitai」の歌詞では、そんなどこにも行けない女子の心情が鮮明に描かれています。特に<一番に愛さなくていいから お願いそばにいさせて 抱きしめて 嘘でもあの子より私が好きだと言って><何度傷ついてもいいの こんなに好きなの>の部分は、心底共感しすぎて胸が苦しくなります。決して傷つきたいわけではない。傷ついた先に少しでもあなたとの幸せな時間があるなら、最後に私を選んでくれるなら、どんなに辛くてもその道を選ぶよ、という女のド根性が表現されているわけですね(個人的解釈ですが)。

なかなか報われない恋愛をしている時にこの「Aitai」を聴くと、言葉にならなかったただ苦しい感情を、的確な言葉で代弁してくれているような気がして、自分の立っている現状も自然と消化出来るんです。加藤ミリヤが好きな人とのデートを思い出して悲しみに耽っているミュージック・ビデオは、彼女を自分と置き換えて観ることで思わず涙してしまいそうになるし、シンプルでいて壮大なサウンドや切ない情景の数々は、ぽっかりと空いてしまった心の穴を優しく包み込んでくれます。

辛い恋愛が描かれている反面、伸び伸びと恋愛に励ませてくれる「Aitai」。同じ状況に悩まされている人にオススメの1曲です。

ということで、私の初連載記事、いかがでしたでしょうか?今後も、体験談や個人的な解釈、時には妄想(!?)も交えながら様々なラブソングを紹介させて頂きますので、どうぞお付き合いください♪

AYUMI
<ライター紹介>
AYUMI
岩手県出身。音楽とお酒をこよなく愛するアラサー女子。友達に誘われて行った三浦大知のライブを見て一気に音楽の魅力に取り憑かれ、音楽ライターを目指す。ブラックミュージックをよく聴くが、中でも恋愛系の楽曲が大好きで、音楽を聴きながら日々妄想に耽っている。

AYUMI Twitter