AIのツアーにも参加!新世代の歌姫、RIRIの「I love to sing」をレビュー

AIのツアーにも参加!新世代の歌姫、RIRIの「I love to sing」をレビュー


今年6月、デジタル・シングル「COLOR ME」で突如としてシーンに降り立った女性シンガー、RIRI。彼女が11月2日にリリースした初のEP「I love to sing」が、iTunesのR&B/ソウルチャートで1位を記録するヒットとなっています。

RIRIは、1999年生まれの17歳。2011年、ホイットニー・ヒューストン「I Have Nothing」やチャカ・カーン「Through The Fire」などを手がけたヒットメイカーのデビッド・フォスターが主催した世界的オーディションに出場し、わずか11歳でファイナリストの一人に選出されたほか、「Story」や「ハピネス」などのヒット曲で知られる歌手のAIにもその歌声を絶賛されるなど、若くして輝かしい経歴を持つ日本R&B界注目のニューカマーです。

今回のEP「I love to sing」には、すでに配信で発表されていた3つのシングル曲のほか、3つの新曲も収録。現代風のシンセ・アプローチとシルキーなコーラスが耳を惹く「Next to You」やロッキッシュな新境地にドキッとさせられる「Ready For Love」など、RIRIの類い希なる歌世界が堪能できる高品質なナンバーが軒を連ねているのですが、中でも注目は、ラストに収録されているEPタイトル曲「I love to sing」。RIRIがかねてから敬愛し、最近ではチーム・メイトとして一緒にツアーを回っているAI、さらには「ハピネス」をはじめAIの楽曲に多数携わっているUTAが制作に参加したこの楽曲は、歌に懸ける情熱をストレートな歌声で表現したバラード・ナンバー。サビで冴え渡るRIRIのハイトーン・ボイスからは、てこでも動かぬ不退転の決意が感じられ、自然と心を揺さぶられること請け合いです。

英語詞と日本語詞を流暢に使い分け、R&Bのコアへと迫ったRIRI。本作には、その豊かな才能と歌ごころがありのままにパッキングされています。でもきっと彼女のことだから、知られざる可能性をまだまだ潜ませているはず・・・!早熟な歌姫の将来が、今から楽しみです。

文:白原ケンイチ

RIRI
EP「I love to sing」
2016年11月2日発売
Amazon

1. GOLD
2. Next to You
3. Yes Be Free
4. Ready For Love
5. COLOR ME
6. I love to sing

RIRI 公式サイト
RIRI Twitter