FREAK、四季彼方、Sky’s The Limit、拠点を巡る3マンライブツアーがスタート

FREAK、四季彼方、Sky’s The Limit、拠点を巡る3マンライブツアーがスタート


FREAK、四季彼方、Sky’s The Limitの3マンライブツアー「Groove & Harmony」の初日公演が、10月14日に福岡Drum Be-1にて開催された。

FREAKの活動拠点である福岡、四季彼方の熊本、そしてSky’s The Limitの沖縄と、それぞれの地を拠点とするアーティストがホストとなり企画された今回のツアー。初日の福岡公演は、歌モノが好きな音楽ファンが多数詰めかけ、満員の会場の中でのスタートとなった。

まずはこの日のホスト役であるFREAKの面々が登場。硬派なビジュアルイメージとはまた違った、親しみやすいキャラクターでオープニングMCを務め、会場からは大きな声援が飛んだ。

Groove & Harmony一組目のライブは、沖縄代表のSky’s The Limit。沖縄の民族楽器三線とアカペラという彼らならでは編成で聞かせた「海の声」や、シンガーソングライターKとのコラボレーションで話題となったメジャーデビュー曲「Only Human」などを披露し、その熱量の高い歌声と極上のハーモニーに観客は酔いしれた。

続く2組目は、熊本代表の四季彼方。長身でイケメンな2人のパファーマンスは、エンターテインメント要素が満点。MCでの軽妙なトークやキャッチーなダンスなども含め、客席を四季彼方ワールドへと導いていた。

Groove & HarmonyGroove & Harmonyそしてこの日のトリは地元、福岡代表のFREAK。サビに博多弁を取り入れたヒップホップ調のナンバー「Go Ahead」で幕を開けると、初披露の新曲やこの日の為に用意したメドレーなど9曲を歌唱。彼らの持ち味であるパワフルな歌声が、会場の隅々まで響き渡っていた。

FREAKの本編が終わると、メンバーの大地から「ちょっと待った」の声が。「せっかくの3マン、このまま終わるわけにはいかないでしょう!」という呼びかけに、共演のSky’s The Limit、四季彼方を呼び込み、最後は3組でFREAKのポジティブソング「I Promise」をセッション。ラストのコール&レスポンスでは会場中が大合唱となり、ハッピーなエンディングで幕を閉じた。

九州・沖縄から全国へと羽ばたこうとしている3組によるスペシャルなツアー。16日には四季彼方の地元である熊本での開催を終え、21日にはSky’s The Limitの拠点、沖縄でツアーファイナルを迎える。なお沖縄公演のチケットはソールドアウト間近とのことなので、ぜひ早めにチェックして頂きたい。

Groove & Harmonyチケット購入サイト

FREAK 公式サイト
四季彼方 公式サイト
Sky’s The Limit 公式サイト