【インタビュー】KYOtaro、“歌”に全身全霊を捧げたアコースティックな新作「ROOM」を発表

【インタビュー】KYOtaro、“歌”に全身全霊を捧げたアコースティックな新作「ROOM」を発表


甘くソウルフルなヴォーカルと、心情描写に長けたセンスあふれる楽曲で注目を集める大阪出身のシンガーソングライター、KYOtaro。彼がこのほどリリースした最新作「ROOM」は、従来の作風とは異なる全編アコースティック仕様のミニ・アルバムだ。素朴に掻き鳴らすギター・サウンドと、いつにも増してエモーショナルな歌声というシンプルなセッティングは、歌い手:KYOtaroが持つ本質的な魅力へ、よりダイレクトにタッチすることを可能にしている。なぜこれほどまでに、歌へと一心に熱を注いだのか。またしてもセンセーショナルな進化を遂げたその誠実な音楽観を、これより探究する。

文:白原ケンイチ

シンガーとしてのKYOtaroをどこまで表現出来るのか


 ——まず、アルバムを聴いて思ったのは、とても愛にあふれたアルバムだということ。歌詞はもちろん、細かい表現や佇まいにまで愛情の豊かさが滲み出ていると思いました。

KYOtaro:ありがとうございます。多分それは、歌に特化したからだと思います。今までは、歌を曲の一部として見ることが多かったんですけど、今回は曲の雰囲気や魅力のすべてを歌で形作りたいと当初から思っていて。結果、聴いてくれる人を包み込むような柔らかいイメージのアルバムが出来たんです。

——歌以外の要素を極限にまでそぎ落としたからこそ、自分自身が楽曲で担う割合も増えたと。

KYOtaro:そうですね。だからこそ、すごく勉強にもなりました。今回はアコースティック・アルバムですけど、これから先、サウンドに厚みのある曲をまた作ったときに今回のようなクオリティで歌えたら、曲自体の力は以前よりもっと強くなると思っています。

——いま話にも出たように、本作「ROOM」は全編アコースティック編成のアルバムです。前作「found」では打ち込みを多用し、幅広い音楽性を追求していましたが、今回はなぜ“歌に特化した”内容に?

KYOtaro:前回のアルバムでは、最先端の音楽も積極的に取り入れて、R&Bらしい作風を目指していた部分が強くあったんですけど、スタッフやファンの人たちから色々と声をもらう中で、「Be alright」のようにシンガーとしての力を感じさせる曲も、自分の持ち味だということをあらためて感じて。それで今回、シンガーとしてのKYOtaroをどこまで表現出来るのか、挑戦をしてみたんです。あとは単純に、自分の歌声を好きになってもらいたいというコンセプトも今回ありまして。僕もどちらかというと、歌声を好きになってそのアーティストにハマることが多いんです。僕にとっても歌声は自分のベーシックな部分だから、歌声を好きになってもらえたら、僕の音楽を楽しんでもらいやすくなるだろうし、自分自身も色んな音楽にチャレンジしていける気がしました。

——前作「found」に、本作と似た志向のアコースティック楽曲「Little White Room」が収録されていましたが、個人的にはこの曲での経験が、本作に強く影響しているようにも感じました。タイトルも「ROOM」で共通していますし。

KYOtaro:それもすごくありますね。「found」は手売りのアルバムなので、わざわざライブに足を運んで買ってくれた人にしかその内容が分からないようになっているんですけど、聴いてくれた人から、『あのアコースティックの曲が良かった』って言ってもらえることが意外に多くて。何年か前から、大阪で「ALIFE」というアコースティックライブのイベントをやっているんですけど、そのときのライブの反響もいつも大きいんです。『ALIFEは次いつやるの?』ってよく聞かれたり。そういう経験を受けて、僕自身『こういう音楽が求められているのか』と知ることも出来ました。

KYOtaro

——今回はすべての曲のアレンジを、ギタリスト/プロデューサーのKent.Aroが担当しています。彼に音を委ねようと思った理由というのは?

KYOtaro:アコースティック・アルバムを東京で作るとなったときに、まず思い浮かんだのが管ちゃん(Kent.Aro)でした。一緒にやってきた期間が長い分、管ちゃんとの相性が良いのは僕自身よく分かっているし、彼がカッコ良い音楽を作ることも知っていたので。アコースティックの曲にしても、歌を尊重しながらちょっと変わったアプローチも入れられる人なので、まさに今の自分がもっとも求めている存在だなと。

—そんなKent.Aro氏とは、どういった風に制作を?

KYOtaro:基本的にはどの曲も、同じ場所で一緒に制作していきました。テーマだけを決めて集まって、管ちゃんがギターを弾き、僕がそれに詞やメロディを乗っけていくという、いわゆるセッションですね。

——実際のセッションを直接見たわけではありませんが、このアルバムを聴くだけでも、とてもラフな雰囲気の中で制作していたことが伝わってきます。

KYOtaro:まさにそんな感じでした。音楽とは全然関係ない話もはさみつつ(笑)。元々このアルバムは、ポジティブな人と作りたかったんです。管ちゃんは一緒にいると楽しいし、自分までポジティブになれるから、本当に最高です。