宇多田ヒカル「ともだち」への参加で一躍話題に。小袋成彬 (OBKR)の来歴と魅力に迫る!

宇多田ヒカル「ともだち」への参加で一躍話題に。小袋成彬 (OBKR)の来歴と魅力に迫る!


9月22日(木)に放送されたNHKの音楽番組「SONGS」に出演した宇多田ヒカル。同番組では、”人間活動”と称して音楽活動を休止した理由や、3年前に亡くした母についてのエピソードを話したほか、9月28日にリリースされるニューアルバム「Fantôme」から「花束を君に」「道」「ともだち with 小袋成彬」の3曲を披露した。

中でも注目されたのが、本邦初公開となった新曲「ともだち」。糸井重里と行った直前のトークでは、「同性愛者の同性愛者ではない友達への恋を歌った曲」であることが宇多田本人の口から語られ、現在ネットを中心に大きな反響を呼んでいる。

一方で、その共同制作者にも注目が集まっている。先の「SONGS」での歌唱映像で、宇多田の後方でマイクを取っていた人物、小袋成彬(おぶくろ なりあき)だ。今回のアルバム「Fantôme」にはほかにも、「二時間だけのバカンス」に宇多田とデビュー同期の盟友:椎名林檎が、「忘却」に新進気鋭のラッパー:KOHHがそれぞれフィーチャリングとして迎えられているが、この2組の参加がセンセーショナルに話題を振りまいているのとは対照的に、小袋成彬という名前に対してすぐさまピンと来た人は少ないのではないだろうか。宇多田ヒカルから白羽の矢が立った知る人ぞ知るアーティスト、小袋成彬。彼は果たして、どのような人物なのか。

小袋成彬

小袋成彬は、1991年生まれのシンガー/プロデューサー。普段はロックやヒップホップなど幅広い音楽を愛聴し、学生時代は野球に打ち込んでいたという。大学在学中の2013年に、トラックメイカーの國本 怜と音楽ユニットN.O.R.K.を結成。現在はインディーズの音楽レーベル「Tokyo Recordings」の代表取締役を務め、綿めぐみやCapesonといった極めて個性的なアーティストを輩出している。また、”OBKR”というアーティストネームでも活動しており、「SONGS」でも挙がっていた水曜日のカンパネラへの楽曲提供を行うなど、メジャーへのアンチテーゼとも取れる先鋭的なサウンド・メイキングは、業界内からの信頼も着実に獲得しつつある。

小袋成彬の活動を語る上で欠かせないのが、先述したN.O.R.K.の存在だ。彼らは2014年にミニアルバム「ADSR」を発表。テン年代のインディーズ系R&Bのムーヴメントを象徴するショッキングな傑作として、当時多くの好事家たちに受け入れられた。ザ・ウィークエンドやジェームス・ブレイクを彷彿とさせるダウナーかつクラシカルなトラックの出来映えもさることながら、気だるくも品性を感じさせる小袋のファルセット(裏声)がとにもかくにも美しく、聴く者に艶やかな印象を残す。2015年にラストライブを行って以降は個々の活動に専念しているため、現在は実質的な休業状態にあるN.O.R.K.だが、若き二人の天才が初期衝動を結集させて作り上げたユニットなだけに、またいつか一回り大きくなった姿で復活してほしいものである。

さて、そんな特異な歌声を持つ小袋は、ある程度の月日を経て、日本が誇るシンガーソングライター:宇多田ヒカルの”相手役”に抜擢されることになるわけだが、「ともだち」を聴く限り、N.O.R.K.で培われた音楽的源流や、OBKRで魅せるアート極まりない世界観は何ら損なわれていないことが分かる。それどころか、いつになく柔らかいニュアンスがヴォーカルに宿り、ほとんどバックコーラスとフェイクのみの登場であるにも関わらず、宇多田に引けを取らないじつに軽妙な存在感を放っているのだ。こうしたユニークな化学反応も、同じくクリエイティブな姿勢で音楽に臨む宇多田とのコラボレーションあってのものだろう。

インディーズ・シーンから突如として飛び出した新鋭、小袋成彬。彼の芸術的で非凡な音楽観が、今後の音楽シーンにどのような影響を及ぼしていくのか、非常に楽しみなところだ。ひとまずは、両者のパートが朗らかに絡み合うサビ部分をはじめ、噛めば噛むほど美味しさが炸裂する宇多田ヒカルの「ともだち」を、要チェックである。

文:白原ケンイチ

宇多田ヒカル宇多田ヒカル
アルバム「Fantôme」
2016年9月28日発売
Amazon

1. 道
2. 俺の彼女
3. 花束を君に
4. 二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎
5. 人魚
6. ともだち with 小袋成彬
7. 真夏の通り雨
8. 荒野の狼
9. 忘却 featuring KOHH
10. 人生最高の日
11. 桜流し

N.O.R.K.N.O.R.K.
ミニアルバム「ADSR」
2014年5月14日発売
Amazon
iTunes

1. The Fall
2. Yell Out
3. Offense
4. Umbrella
5. The Fall (HNC Fugue and Her Rosary Mix)
6. Yell Out (Lady Citizen Remix)
7. Offense (Licaxxx Remix)

宇多田ヒカル 公式サイト
小袋成彬 Twitter