【OTODAMA×UTALABOライブレポート】「海の歌 2016’」〜May J.、つるの、苑子、ダイスケが真夏の共演!〜

【OTODAMA×UTALABOライブレポート】「海の歌 2016’」〜May J.、つるの、苑子、ダイスケが真夏の共演!〜


鎌倉・由比ヶ浜で日々ライブイベントを開催している「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2016」と当サイト「UTALABO」のコラボレーション、今回は8月12日(金)に開催された「海の歌 2016’」をレポートしちゃいます!この日は井上苑子、ダイスケ、つるの剛士、May J.といった豪華アーティストにくわえて、元・キマグレンのクレイ勇輝が緊急参戦。さらには今乗りに乗る芸人のコロコロチキチキペッパーズもネタを披露するなど、いつにも増してエンターテインメント性豊富な公演でした。

000「OTODAMA SEA STUDIO 2016 × UTALABO 特設ページ」

ダイスケ

ダイスケ

まず登場したのは、爽やかなポップソングを歌うシンガーソングライターのダイスケ。持ち味である優しいボーカルを響かせながら、海に似合う「あいわな」、手拍子で盛り上がった「GOKU」などのキラーチューンで観客をどんどん魅了していきました。MCでは自己紹介のほか、「僕は学生時代、人に意見を言うのが苦手な人間だったけど、その考えがいつからか寂しいことに気付いた。だから、その自分の悩みを克服するために歌にした」と真面目な性格の滲むエピソードを披露し、そのまま「いつだって」を歌唱。前向きな気持ちにさせられるアットホームなムードで、会場を盛り上げました。

井上苑子

井上苑子

「UTALABO」の特集記事でもたびたびピックアップしている井上苑子は、花柄のワンピースとポニーテールの可愛らしい出で立ちで登場。ファンから”苑子コール”が上がる中、1曲目の「線香花火」から和やかな歌声と演奏を炸裂させました。サザンオールスターズのカバー「真夏の果実」では一転し、繊細で切ないトーンでのパフォーマンスを披露。甘く透き通った歌声に、会場の至る所では感嘆の溜め息が。その後もメジャー1stシングルの「だいすき。」や話題のCMソング「ナツコイ」など、鉄板のナンバーも余すことなく歌い上げ、陽が落ち始めた由比ヶ浜のステージを最後まで天真爛漫に楽しんでいました。

つるの剛士

つるの剛士

盆踊りの演出と共に、色鮮やかな法被を着て登場したのはつるの剛士。開催場所と同じ神奈川県は湘南をモチーフにした「湘南じゃじゃんか音頭」を序盤から盛大にパフォームし、会場の熱気を一気に煽り立てます。オリンピックシーズンならではの楽曲「メダリスト」では、サビの部分でつるの独特の力強いハスキーボイスを披露。まさに一曲入魂とも言える珠玉の熱唱ぶりでした。後半も、この日一番の盛り上がりと言っても過言ではなかったインパクト大の楽曲「カレーライス」や、つるのの代名詞となりつつある「M」、そしてバンドメンバーと共にロックンロールを謳歌した「愛しのあの娘」まで、怒濤の名曲ラッシュ。5人の子どもを育てるパパの本気たるや、さすがの一言でした。

May J.

つるの剛士

この日のトリを飾ったのはMay J.。おとぎの国から飛び出してきたかのような煌びやかなドレスで登場した彼女のステージは、ディズニーとの公式タッグ作品「Sparkle -輝きを信じて-」でスタート。続いて、ヒット曲である「Garden」を抜けの良い歌声で披露し、OTODAMAの夏を軽やかに彩っていきます。観客と振り付けを楽しんだ「Clap!」やTHE BOOMのカバー「風になりたい」で会場のボルテージをさらにアゲた後は、自身が広く認知されるきっかけとなった名曲「Let It Go 劇中/英語歌」を高らかに歌唱。サビではコール&レスポンスが起こるなど、世紀のヒット曲らしい圧巻のクライマックスでした。そして終盤、「今日は本当に最高です」と高揚している気持ちをあらためて表明し、8月3日にリリースされたばかりのニューシングル「Have Dreams!」へ。作詞につんく♂、作曲に小室哲哉と日本を代表するプロデューサーらによって制作された楽曲をドラマティックな風合いで堂々と歌い上げ、会場はイベントの締めくくりらしい感慨深いムード一色に。去り際にMay J.が放った「また来年も会おうね〜!」という言葉を、彼女と同様に肝に銘じた人もさぞ多かったことでしょう。

とても一言では形容出来ない、めくるめくアーティストの祭典「海の歌 2016’」。夏の思い出の1ページにふさわしい、とても充実したひとときでした。さて、OTODAMAも公演の4分の3を終え、いよいよ終盤戦。今からでも間に合います。あなただけの感動を探しに、ぜひ由比ヶ浜へ出掛けてみてください!

文:河上龍也/千坂唯

ダイスケ 公式サイト
井上苑子 公式サイト
つるの剛士 公式サイト
May J. 公式サイト
クレイ勇輝 公式サイト
音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2016 公式サイト