”ネタ論争”渦中のラッパーGASHIMA from WHITE JAM、今夜放送「フリースタイルダンジョン」に登場

”ネタ論争”渦中のラッパーGASHIMA from WHITE JAM、今夜放送「フリースタイルダンジョン」に登場


若者を中心に加速度的にブームが広がっているラップバトル番組「フリースタイルダンジョン(テレビ朝日系)」。7月12日(火)の放送ではGASHIMA from WHITE JAMがチャレンジャーとして出演したのだが、そのバトルが発端となり、ネット上では激しい論争が繰り広げられている。

GASHIMAは、3人組音楽ユニットのWHITE JAMのメンバー。同グループは若者を中心に絶大な支持を獲得しており、GASHIMAはニューヨーク出身を生かしたバイリンガル・ラップを得意としている。また、最近では色んな人をラップで褒める「#1日1褒めラップ 」をTwitter上で実行するなど、ラップを用いたコミュニケーションにも積極的だ。なおWHITE JAMは、2016年現在ユニバーサルミュージックの所属で、メジャーアーティストの「フリースタイルダンジョン」出演は彼が初となった。

そしてこれが、論争の元となったバトルだ。

この日GASHIMAは、モンスター(バトルの相手)である漢 aka GAMIと対戦。「パンチライン一発に賭ける」という宣言通り、審査員全員の判定が一致する”クリティカル”を叩き出し、漢 aka GAMIをストレートKOした。

だが放送終了後、GASHIMAのラップが即興ではないという、いわゆる”ネタ”批判がSNSの至る所で噴出することに。一方、アンダーグラウンドシーンでかねてよりGASHIMAのバトルを見てきた者からは彼のラップを肯定する意見が相次ぐなど、一個人の発言はやがて、”否定派 対 肯定派”による論争へと発展。中でもTwitterではその勢いが激化しており、「GASHIMA」というキーワードが放送後しばらくTwitter のトレンド一位になるほど炎上してしまった。中には、「権力や金の力が働いている説」を提唱するユーザーまで存在する。

ラップフリークのみならず、アーティストやアイドルなど、業界内外を巻き込んで勃発している”GASHIMA論争”。ラップに対する是非は元より、彼がバトルにおいてどのような結末を辿るのか、本日7月19日(火)の25時26分から放送される「フリースタイルダンジョン」が非常に気になるところだ。

なお放送終了後、GASHIMAが所属するWHITE JAMの新曲「Die in TOKYO」のミュージックビデオがWHITE JAMの公式サイトにて最速公開されるとのことなので、そちらも楽しみにしていよう。

「フリースタイルダンジョン」公式サイト

WHITE JAM 公式サイト
GASHIMA from WHITE JAM Twitter