新鋭アーティストの祭典!7/16開催「UTALABO presents FRESH RHYTHM」レポート&フォト

新鋭アーティストの祭典!7/16開催「UTALABO presents FRESH RHYTHM」レポート&フォト


7月16日(土)に開催された、当サイト「UTALABO」主催のライブイベント「UTALABO presents FRESH RHYTHM」。お陰様で、たくさんの方にご来場頂きました。ありがとうございます!昨年に開催した第一弾に続き、今回も将来有望なアーティストが続々と出演。それぞれがしのぎを削るように、個性沸き立つステージを繰り広げてくれました。今日は私、UTALABOライターの佐々木歩が、楽しかった当日の模様をレポートしたいと思います。遊びに来た人もそうでない人も、あらためて「FRESH RHYTHM」の魅力を目一杯感じて下さい!!

文:佐々木歩
撮影:松沢颯太

RIRI
RIRI
RIRI

トップバッターで登場してくれたのは、弱冠16歳の女性シンガーRIRI。この日が本格的なライブイベントデビューとなった彼女ですが、堂々とした佇まいでジャスティン・ビーバーの「Love Yourself」のカバーを含む4曲を歌い上げました。細身な身体にも関わらず、本当に重厚な歌唱力でびっくり!また、仕草や表情のひとつひとつも可愛くて、同性ながら釘付けになってしまいました。7月22日には初のバラード曲「Yes Be Free」も配信リリースされるそうで、楽しみです!

金井トシキ
金井トシキ
金井トシキ

柔軟な歌声で魅了してくれた金井トシキは、配信されている「be a player」をはじめ4曲を披露。普段は深夜の現場を中心にライブを行っている彼。意外にもこの日がVUENOS初ライブだったそうで、かなり緊張されていたようですが、そんな素振りを微塵にも感じさせないピースなステージを展開してくれました。そして金井トシキと言えば、MCでのトークも持ち味の一つ。この日も軽妙なユーモアを持ち出しながら、オーディエンスを沸かせていました。

TSUNEI
TSUNEI
TSUNEI

ゆったり調の「ただ」で幕を開けたTSUNEIのステージは、いつにも増してハートウォーミング。飾らない笑顔をお客さんひとりひとりに向けながら、抜けの良いパワフルボイスを惜しげも無く披露していました。定番となりつつある「空が代わりに」はもの悲しい曲ですが、TSUNEIは「今日まで近くにいた人が明日いきなりいなくなることがあるという現実を感じることで、今の幸せを再確認することが出来る曲」とコメント。歌詞の一言一言がとても力強く、それでいて心にゆっくりと染み込んでくるのが彼女の大きな魅力なのだな、とあらためて感じました。