【カバー動画あり】「GOOD VIBES」でマイケル・ジャクソン追悼ライブ開催


6月10日、渋谷のVUENOSの名物イベント「GOOD VIBES」が開催された。普段は主催であるシンガーのSWEEPと数組のアーティストが自身の持ち歌を披露する「GOOD VIBES」だが、この日は”KING OF POP”ことマイケル・ジャクソンの追悼トリビュートライブという名目を掲げ、幅広い世代の出演者全員が”MJ縛り”のセットリストを繰り広げた。

また、イベントの余韻が冷めやらぬ6月25日には、マイケル・ジャクソンの命日に合わせてSWEEPによる当日のパフォーマンス動画が相次いで公開に。今なお世界中の人々に愛されているマイケルの楽曲を、SWEEPが持ち前のハイトーンボイスで麗しくカバー。その繊細な仕草のひとつひとつからは、マイケルに対する彼の多大なるリスペクトとラブを感じ取ることが出来る。

MJに捧ぐ。GOOD VIBESトリビュートカバー動画紹介


「SWEEP “Billie Jean””Black or White” GOOD VIBES ~MJ TRIBUTE LIVE~2016」
全世界中で1億枚以上を売り上げたモンスターアルバム「Thriller」に収録されている「Billie Jean」をグルーヴィーな節回しでカバー。「Black or White」では、TARO SOULのファンキーなラップとのコラボレーションが実現。

「SWEEP “Love Never Felt so Good” – GOOD VIBES ~MJ TRIBUTE LIVE~2016」
2014年に発売された「Xscape」の1曲目に収録されているこの曲は、かのポールアンカと共作し、ジャスティン・ティンバーレイクがミュージックビデオに出演したことでも話題に。この日のパフォーマンスでは、原曲のディスコブギーサウンドを忠実に、かつ軽快にリメイク。

「SWEEP “Rock with you” – GOOD VIBES ~MJ TRIBUTE LIVE~2016」
名プロデューサーのクインシー・ジョーンズと、その盟友であるロッド・テンパートンによって制作されたMJスタンダードの一つを、洗練されたしなやかなボーカルで表現。SWEEPお得意のアドリブも存分に堪能することが出来る。

「SWEEP “Human Nature” – GOOD VIBES ~MJ TRIBUTE LIVE~2016」
最後は、日本人アーティストからの人気も高い言わずと知れた大ヒット曲。シンボルサウンドである夢心地なシンセサイザーをはじめ、同曲の神秘的な魅力はこの日のパフォーマンスでも健在だ。

文:山岸真介

SWEEP 公式サイト
SWEEP Twitter