【レポート】クリケイ&リトグリ、LINE MUSIC1周年記念イベントで熱唱

【レポート】クリケイ&リトグリ、LINE MUSIC1周年記念イベントで熱唱


「LIVE FREELY LINE MUSIC 1st Anniv. SPECIAL」

6月1日、LINE MUSICのサービス開始1周年を記念したイベント「LIVE FREELY LINE MUSIC 1st Anniv. SPECIAL」に、Crystal KayとLittle Glee Monsterの2組が出演した。

「LIVE FREELY LINE MUSIC 1st Anniv. SPECIAL」

会場は、東京タワーや六本木の夜景をバックにしたラグジュアリーな空間が魅力のBillboard Live TOKYO。大人っぽい雰囲気を演出すべく、演奏は生バンドによって行われた。なお当日は、会場に来られないファンの方のためにLINE LIVEでライブの模様が生配信されるなど、LINEらしい試みも実施された。

「LIVE FREELY LINE MUSIC 1st Anniv. SPECIAL」

MCの大谷ノブ彦(ダイノジ)に紹介され、まずはLittle Glee Monsterが登場。
「ワン・ツー・スリー」の掛け声から美しいアカペラで始まった「空は見ている」で若さ溢れるフレッシュなパフォーマンスを展開し、会場に集まった女子中高生たちの黄色い歓声が響き渡った。

初のMCタイムでは、manakaが『初めてBillboard Live TOKYOでライヴをするんですが、初めて来た方はいらっしゃいますか?』と気さくにファンに話し掛けたり、MAYUが『皆さんお上品なので、私も慎まないと』と話すなど、和気藹々とトークを展開。

自己紹介を終えた後は、デビューシングルの「放課後ハイファイブ」とファンキーな「HARMONY」を立て続けに披露。グルーヴィーな空気感が会場を包んだ。

2回目のMCでは、1周年を迎えたLINE MUSICと6月1日に18歳を迎えた芹那を会場一体でお祝い。続けて、ファンに祝福してもらい嬉しそうな芹那が『こんな素敵な場所で、アカペラを歌いたいと思います』と告げると、YouTubeで公開されている「リトグリ 東京ドームで歌ってみた」のBillboard Liveバージョンを披露。リトグリ自慢の美しいハーモニーで魅了した。

ライブも終盤に差し掛かると、ラウンドワンの新CMに新曲が抜擢されたという嬉しいニュースを発表。この楽曲は、8月17日にシングルとしてリリースされるとのこと。そして、人気曲「好きだ。」、最新曲の「My Best Friend」をエネルギッシュに歌唱し、温かいムードでパフォーマンスを終えた。

 

次のコーナーである「TALK SESSION」ではCrystal Kayも登場。初対面でもあるリトグリと共にトークを展開した。

お互いの印象について、Crystal Kayは『元気に満ち溢れていて、フレッシュだから聞いていて気持ちいい』とリトグリを賞賛。リトグリ側も『「kiss(Crystal Kayの楽曲)」が好きで前から歌っていたから、今日こうして会えて内心喜んでいます』と素直な気持ちを告白した。

その後、「これがBGMにオススメ」というテーマで2組に選曲してもらった楽曲を紹介。クリケイはジャスティンビーバーの新譜アルバム「Purpose」から「Company」を選び、独学で同曲のギター弾き語りをしているという。

一方のリトグリが自身の最新曲「My Best Friend」を選ぶと、MCの大谷から『さんざん告知したよ、さっき!』と愛のあるツッコミを返され、会場からは笑いが沸き起こった。

そして、6月1日が芹那の誕生日ということもあって、「お祝いの時に聞きたい曲」というテーマでリトグリがプレイリストを作成。それぞれが選んだ楽曲は以下の通りだ。

<芹那>
・Love On Top / Beyonce
・I’m Every Woman / Whitney Houston(オリジナル;Chaka Khan)

<アサヒ>
・ハピネス / AI
・青春フォトグラフ / Little Glee Monster

<麻珠>
・続く世界 / 中川翔子
・Terminal / 浜崎あゆみ

<MAYU>
・Birthday Eve / 倖田來未
・愛を込めて花束を / Superfly

<かれん>
・Last Friday Night / Katy Perry
・SING!!!!! / ゴスペラーズ

<manaka>
・今夜はブギーバック / スチャダラパー
・好きだ。 / Little Glee Monster

このプレイリストを見てクリケイは、『彼女たちのハッピーオーラが詰まっている』と母親のような視点でコメント。この評価に、リトグリの面々も満足そうに笑っていた。

「LIVE FREELY LINE MUSIC 1st Anniv. SPECIAL」「LIVE FREELY LINE MUSIC 1st Anniv. SPECIAL」の出演者
(写真はLINE MUSIC公式アカウントより引用)

2組のコラボコーナーを終えると、いよいよCrystal Kayのライブへ。
まずは『皆さん最後まで盛り上がっていきましょう!』と声高に盛り立て、自身の代表曲「恋に落ちたら」を抜けの良い美声で披露した。

初のMCタイムでは、頑張ってる女子に向けて書いた曲として昨年12月に放送されていたオトナ女子の挿入歌「何度でも」を紹介。キラキラ女子の応援歌アンセムとして親しまれている同曲を夜景をバックにパフォーマンスした後、畳み掛けるようにスキンケアブランド「LITS」のCMソングに起用されたAlphaville(アルファヴィル)のカバー曲「Forever Young」を日本語でムードたっぷりにカバーし、オーディエンスをうっとりさせていた。

2回目のMCでは、『皆さんに「よし頑張ろう!」という気持ちになって頂きたいなという思いで制作した曲』と前置きし、6月1日配信の新曲「Waiting For You」を披露。”キミのままで きっといい”と優しく諭すように歌うクリケイの歌に、オーディエンスの心はガッチリ掴まれていた。

『次の曲で最後なので、アゲアゲな感じで行きましょう』と告げると、安室奈美恵とのコラボ曲「REVOLUTION」を溌剌と歌唱。オーディエンスは自然と総立ちとなり、最高潮の盛り上がりの中イベントは幕を下ろした。

LINE MUSICサービス開始1周年を記念した今回のイベント。生バンドの臨場感あふれる演奏によって実力派2組の極上のパフォーマンスを堪能出来ただけでなく、世界的に盛り上がりを見せるソウルミュージックの魅力にもじかに触れられた素晴らしい一夜だった。

文:山岸真介

【LIVE FREELY LINE MUSIC 1st Anniv. SPECIAL セットリスト】
◆Little Glee Monster
M1 空は見ている
M2 放課後ハイファイブ
M3 HARMONY
M4 アカペラメドレー(あとひとつ/何度でも/風邪が吹いている/タマシイレボリューション/ファイト!/たしかなこと)
M5 小さな恋が、終わった
M6 好きだ。
M7 My Best Friend

◆TALK SESSION

◆Crystal Kay
M1 恋におちたら
M2 何度でも
M3 Forever Young(Alphavilleカバー)
M4 Waiting For You
M5 REVOLUTION

【リリース情報】
◆Crystal Kay
ニューシングル『Waiting For You』
2016年6月1日配信

◆Little Glee Monster
ニューシングル『タイトル未定』
2016年8月17日発売
【初回生産限定盤A】
SRCL-9154~55 / ¥1,700(税込)
【初回生産限定盤B】
SRCL-9156~57 / ¥1,700(税込)
【通常盤】
SRCL-9158 / ¥1,300(税込)
※初回生産限定盤A・BはDVD内容が異なります。AにはMusic Video、Bはライブ映像の予定

【ライブ情報】
◆Little Glee Monster
【東京・大阪野外音楽堂ライブ&全国ライブツアー】
■東阪野音
2016年9月3日(土)日比谷野外音楽堂
2016年9月11日(日)大阪城野外音楽堂
■全国ホールツアー
2016年9月10日(土)静岡市清水文化会館マリナート(静岡)
2016年9月17日(土)一宮市民会館(愛知)
2016年9月22日(木)東京エレクトロン韮崎文化ホール 大ホール(山梨)
2016年9月24日(土)パストラルかぞ 大ホール(埼玉)
2016年9月25日(日)福島県文化センター 大ホール(福島)
2016年10月8日(土)神戸国際会館こくさいホール(兵庫)
2016年10月10日(月)長野市芸術館(長野)

Crystal Kay 公式サイト
Little Glee Monster 公式サイト