安室奈美恵 歴代ドラマ主題歌特集!バージンロード、ファーストクラス、僕のヤバイ妻まで!

安室奈美恵 歴代ドラマ主題歌特集!バージンロード、ファーストクラス、僕のヤバイ妻まで!


夜逃げ屋本舗■I HAVE NEVER SEEN (1999)
日本テレビ系ドラマ「夜逃げ屋本舗」主題歌

結婚・出産を経験した安室は、このシングル作で表舞台へ復帰。主題歌となったのは、中村雅俊主演でヒットした映画シリーズのドラマ版「夜逃げ屋本舗」。陰鬱で、どこか混沌としたサウンド展開ですが、ドラマとタイアップされた背景を読み取れば、この楽曲の世界観にもまた一味違った希望が見出せるはず。

君が想い出になる前に■ALL FOR YOU (2004)
フジテレビ系ドラマ「君が想い出になる前に」主題歌

当時同じ事務所に所属していた観月ありさ主演のドラマ「君が想い出になる前に」。記憶喪失になってしまった義兄との淡く切ないラブストーリーを、安室渾身のバラードはドラマティックに盛り上げました。この楽曲のスマッシュヒットを皮切りに、安室は徐々に第二次ブレイク期へとシフト。現代に続く女帝の本気を見せ付けていくことになります。

ヒミツの花園■Baby Don’t Cry (2007)
フジテレビ系ドラマ「ヒミツの花園」主題歌

「君が想い出になる前に」と同じく、フジテレビ系で火曜10時から放送されていたドラマ「ヒミツの花園」の主題歌。お馴染みNao’ymtによる朗らかなサウンドと、誰しもの前途を明るくするポジティブな歌詞が功を奏し、商業的にも大きな成功を収めました。ちなみにこの10年前、安室は「Don’t wanna cry」というシングルを発表。泣くのを堪えていた少女は、いつしか人を「泣かないで」と励ます凜々しき女性へと成長を遂げたのです。

乙女のパンチ■Sexy Girl (2008)
NHKドラマ8「乙女のパンチ」主題歌

南海キャンディーズのしずちゃんが主演を務めた女性ボクサーのサクセスストーリー「乙女のパンチ」にも、安室の楽曲は使われていました。歌詞やサウンドから何となく好戦的な匂いがするのも、もしかするとドラマの効果が少なからず影響しているのかもしれません。なお、同曲が収録されたベスト盤「BEST FICTION」は、約160万枚という驚異的なセールスを叩き出し、安室の再ブレイク期を象徴する一枚に。