【レビュー】青山テルマ「PINK TEARS」〜この切なさ、女子力120%。豪華ゲスト陣と紡ぐコンセプトアルバム第二弾〜

【レビュー】青山テルマ「PINK TEARS」〜この切なさ、女子力120%。豪華ゲスト陣と紡ぐコンセプトアルバム第二弾〜


青山テルマが、4月27日にミニアルバム「PINK TEARS」をリリース。今作は、昨年9月に発表された「GRAY SMOKE」の続編で、“女性が流す様々な涙”をコンセプトにしています。参加ゲストにも加藤ミリヤ、AI、仲宗根泉(HY)、MAPPY、DJ KAORI、ルンヒャンら、凜とした魅力を放つj女性アーティストがずらり。前作では青山テルマがイメージする男性像をテーマにしていただけあって、現実と理想の狭間を行き交うような浮遊感のある作風が特徴でしたが、今作では女性としてのアイデンティティを存分に駆使し、パーソナルな視点がより強く打ち出されています。

力強い歌声でアルバムの幕開けを飾る「OneDay feat. 加藤ミリヤ,AI」は、自分を支えてくれる絆への感謝を、女性ならではのセンシティブなタッチで書き上げたスケールの大きな決意表明ソング。プライベートでも仲の良い三人だから織りなせる息の合った世界構築は必聴です。

“君が笑ってくれたら明日もきっといい日になる!”という素敵なフレーズが登場するのは「SMILE FOR ME」。中学生ピアニストのMAPPYが伴奏で、そして人間味溢れる優しい音楽を持ち味とするシンガーソングライターのルンヒャンがプロデュースとして参加しています。拍手やピースなコーラスといったゴスペル的アプローチもさることながら、気さくに歌い上げるテルマが本当に可愛い1曲。

「あなたの側に」は、切ないラブソングの名手であるHYの仲宗根泉を迎えて制作された極上のスロウナンバー。「離れていても大丈夫。」とお互いの愛情の深さを確かめ合う歌詞は、遠距離恋愛をしている人なら必ずや共感出来るはず。ミュージックビデオにはテルマの親友である木下優樹菜が出演。こちらも楽曲同様、とても温かい作品になっています。

ほかにも、レゲトンを取り入れたサウンドが楽しいDJ KAORIプロデュースの煌びやかなアップ・チューン「サマータイム!!」、失恋の絶望感を悠然としたアンビエントR&Bに乗せて冷静に刻む「PINK TEARS」など、このアルバムだからこそ映えるエモーショナルな楽曲群が聴き手を圧倒。かねてより磨き上げられてきたテルマの女子イズムをじっくりと堪能出来るだけでなく、セクシーにもキュートにも輝く柔軟な歌声を通して、テルマの新たな魅力にも気付かされること請け合いです。

もちろん、女子だけでなく、乙女心を理解したくてたまらない(?)男子にもお薦めしたい1枚です。甲乙付けがたい前作「GRAY SMOKE」と今作を一枚のアルバムに再構成した”ユニセックス”盤「SMOKE & TEARS」も同日にリリースされたので、ニーズに合わせてどうぞ!

文:佐々木 歩

青山テルマ「PINK TEARS」青山テルマ「PINK TEARS」
2016年4月27日発売
Amazon
iTunes

1. One Day (feat. 加藤ミリヤ, AI)
2. Trouble Love
3. PINK TEARS
4. サマータイム!!
5. SMILE FOR ME [feat. MAPPY] 6. あなたの側に (feat. 仲宗根泉(HY))
7. stay (Acoustic Live Ver.)

青山テルマ「SMOKE & TEARS」アルバム「SMOKE & TEARS」
2016年4月27日発売
Amazon
iTunes

1. OneDay (feat. 加藤ミリヤ, AI)
2. How about us
3. ハートブレイカー (feat. SWAY)
4. PINK TEARS
5. 一番愛した人
6. stay (feat. 清水翔太)
7. あなたの側に (feat. 仲宗根泉(HY))
8. SMILEFORME (feat. MAPPY)
9. Trouble Love
10. ON&ON
11. サマータイム!
12. GOD’SCHILDREN (feat. ANARCHY)

青山テルマ 公式サイト