【テルマ、ドリカム・・・】愛と尊敬のアンサーソング特集【ホワイトデー】

【テルマ、ドリカム・・・】愛と尊敬のアンサーソング特集【ホワイトデー】


3月14日はホワイトデー。バレンタインデーにチョコレートなどをもらった男性が、キャンディやマシュマロといったプレゼントを女性に贈る、日本発祥の文化です。”義理チョコ”や”友チョコ”など、今やバレンタインデーが様々な形態へと派生を続けているからこそ、ホワイトデーを自分事として考えている男性も多いのではないでしょうか。

そんな、日本人らしい”お返し文化”が、音楽においても根付いていることをご存じでしょうか。それが、既存の作品に対しての自らの意見や回答を楽曲にして発表する、アンサーソングと呼ばれる手法。日本でも古くから親しまれ、”アンサーソングブーム”が到来した2008年頃からは、歌もの関連のアンサーソングも数多く送り出されるようになりました。

代弁、目線の切り替え、後日談・・・と、楽曲によって異なる切り口を持つアンサーソング。アンサー元の楽曲と合わせて聴いて二度楽しいナンバーの数々を、今日はご紹介します。果たしてあなたなら、どんな”答え”を投げかけますか?

文:白原ケンイチ

https://youtu.be/M80XXxMKFWw
・青山テルマ「そばにいるね feat. Soulja」
(Soulja「ここにいるよ feat. 青山テルマ」のアンサー)

2008年にリリースされ、オリコン上半期ランキング1位を記録。後に続く”アンサーソングブーム”の礎を築いた、正真正銘のヒット曲。青山テルマにとっての出世作にもなりました。

・JUJU「素直になれたら feat. Spontania」
Spontania「君のすべてに feat. JUJU」のアンサー)

こちらもオリコンTOP10ヒットを記録した、2008年を代表するアンサーソング。当時は着うた全盛とあって、若者の携帯電話からは常にこの曲が流れていました。