「卒うた 2016」〜卒業シーズンに聴きたい楽曲特集〜

「卒うた 2016」〜卒業シーズンに聴きたい楽曲特集〜


世間は卒業シーズン。居慣れた心地いい場所からの旅立ちや、気の知れた友達との別れなど、世代を問わず環境に大きな変化がある季節です。そんな胸詰まるシチュエーションでしみじみと聴きたい曲を、UTALABO独自の目線で選んでみました。一人で聴いて奮い立つのはもちろん、友達と、家族と、大切なあの人と一緒に聴いて、今までの思い出を振り返ってみてはいかがですか?

文:佐々木 歩

・Little Glee Monster「青春フォトグラフ」

まさに青春真っ只中を生きるリトグリが歌う胸アツ卒業ソング♪大好きな友達と過ごしたかけがえのない日々。彼女たちのパワフルボイスとセンチメンタルなサウンドは、聴いているだけで”あの頃”の記憶を蘇らせてくれます。

・中島美嘉「桜色舞うころ」

環境が変わっても、この想いは変わってほしくない。そんな切なく儚い気持ちが伝わる名バラード。美しいピアノの旋律と彼女の清らかな歌声が織りなす世界感はまるで桃源郷のよう。涙腺崩壊必至のミュージックビデオも必見!

・きゃりーぱみゅぱみゅ「ゆめのはじまりんりん」

「CHINTAI」のCMソングとして話題を呼んだこの楽曲は、新しい季節を迎える日とたちの背中を押す”きゃりー流卒業ソング”。朗らかなサウンド&ボーカルで描かれる、希望に満ちた世界観が魅力。

・WHITE JAM「咲かないで」

2月24日にリリースされたばかりのWHITE JAMの新曲。「お別れだね。桜が咲いたら。」で始まるミュージックビデオは卒業シーズン特有の切なさで溢れ、思わず目頭が熱くなります。世の中には色んな別れがあるけれど、「いわないで、さよならじゃないから」という歌詞はあなたを必ずや前向きにさせてくれるはず。

LEO「光」
・LEO「光」

明日を見据え、自分を信じていこう。そんなメッセージが勇気を与えてくれる2012年の作品。この曲を彼がライブで歌うと、必ずと言っていいほど涙を拭う人が散見されます。夢に向かって歩き続ける人、新しい道を歩き始める人にイチオシの一曲です!

・KREVA「ひとりじゃないのよ」

別れの季節に優しく心に寄り添ってくれるミディアムナンバー。フィーチャリングには、正式デビュー前のSONOMIが参加しています。心細くなることの多いこの時期の特効薬として常備しておくことをおススメします♪

DRAMATIC SOUL「Friend」・DRAMATIC SOUL「Friend」

ソウルフルなアーティスト5名がホストを務めるライブパーティー「DRAMATIC SOUL」から誕生した一曲。旅立つ友人、頑張る友人にそっと寄り添い、背中を押したい。そんなときはぜひ、この曲を贈ってあげてください。実力の高さが伺える個々の歌声も圧巻です。