平井大、沖縄でツアーファイナル達成!来年2月からは東名阪ツアーも

平井大、沖縄でツアーファイナル達成!来年2月からは東名阪ツアーも


平井大が、12月6日に沖縄・桜坂セントラルにてワンマンツアー「More Slow & Easy」の最終公演を開催。我々UTALABOも同会場に潜入し、ファイナルならではの凄まじい熱気を感じることが出来た。

平井大

平井大

このツアーは11月より全国5カ所で行われ、全公演ソールドアウトとなっている。オープニングでは平井大が一人で登場してウクレレのみで「Intro ~More Slow & Easy~』」弾き始めると、おなじみのバンドメンバーが次々に登場し演奏に加わっていく。そのまま「Surf Time」「虹の向こう」で観客を一気に引き込んでいった。

今回はオールドアメリカンテイストのステージ、衣装で統一されており、バンドメンバーの衣装もそれぞれ平井がセレクトしたとのMCが入り、その雰囲気を投影したかのごとくトイ・ストーリーでお馴染みの「You’ve Got a Friend in Me」、そしてノラ・ジョーンズの「Don’t Know Why」とカバー曲を続々と披露。前半はアコースティックベースのアレンジが続き、観客もゆったりした雰囲気を楽しんでいたが、「Summer Queen」「To The Beach」でボルテージは急上昇。パンパンの会場はノリノリのヴァイブスで埋め尽くされた。

平井大

途中、バンドメンバーが去り、平井大ひとりだけのソロパートも設けられた。平井から「何か歌って欲しい曲ある?」との問いかけに「涙そうそう」のリクエストが入り、ワンフレーズ歌い出すと、さすがは沖縄、観客を含め大合唱となった。「One Love ~Pacific Harmony~」「祈り花」を弾き語りで披露した後、ウクレレからギターに楽器を持ち替え「今回のツアーで初めてギターを披露しています!実はギターも小学生の頃から弾いているんだよね。」と語り、エリック・クラプトンの「Change The World」を披露した。

その後1曲ごとにバンドメンバーが増えていき「星にのせて」で再び全員集合、終始心地よい演奏が続いていく。終盤「Dream」「Kiss Me Baby」「Just the Way You Are」で最高潮に盛り上がる中、最後に本ツアーのテーマを司る「Slow & Easy」で本編が終了。

アンコールに応え再び登場した平井は「今、新曲をいっぱい作っています!今日はその中から1曲披露したいと思います!」と伝え、新曲「Life Is Beautiful」を披露。来年再びライブを行うことを宣言し、最後に『Naturally』で締めくくった。

なお平井は、来年2月末より東名阪ツアーを開催することもすでに発表済み。引き続き要注目だ。

平井大 公式サイト