「ただ…逢いたくて」「道」「羽1/2」・・・涙せずにはいられないEXILEの最強バラード10選

「ただ…逢いたくて」「道」「羽1/2」・・・涙せずにはいられないEXILEの最強バラード10選


今や知らぬ者はいない国民的グループ、EXILE。2014年に5名が加入し、史上最多の19名編成となって以降も、その勢いは留まることを知りません。今日は、そんなEXILEが送り出してきた”泣けるバラード”をピックアップ。人恋しい夜、寒くてどうしようもない日のお供にどうぞ。

1. ただ…逢いたくて
「au」のCMソングとして2005年冬に大ヒットを記録。終わった恋を嘆き悲しむEXILE渾身のバラード。

2. 羽1/2
アルバム曲ながら、爽やかなメロディと歌詞で今なお絶大な人気を誇る1曲。2014年にはおよそ11年の時を経て、初代メンバーのSHUNとATSUSHIIよるセルフ・カバーが発表されました。

3. 道
二代目ボーカリストのTAKAHIROが加入して初めて発表された本格的なバラード。今では中高生が歌いたい卒業ソングとして定着。

4. 響 ~HIBIKI~
ドラマティックなファルセット(裏声)に今にも吸い込まれそう。Crystal Kay「恋におちたら」を手がけた坂詰美紗子提供によるナンバー。

5. Heavenly White
代表曲「Lovers Again」を思わせる詩的な歌詞、R&B調の幻想的なアレンジなど、”ザ・EXILE”と言える要素がふんだんに詰まったミディアムバラード。ラストの「もう会えないから もう会わないから・・・」のフレーズが究極に切ない・・・。

6. 優しい光
ATSUSHIが実体験をもとに書き上げた儚い失恋ソング。ミュージック・ビデオには速水もこみちと市川由衣が出演。

EXILE「願いの塔」
7. 手紙
2011年に発表された8thオリジナルアルバム「願いの塔」に収録。作詞はTAKAHIROが担当。愛しい人へ向けたハートフルなメッセージに心打たれます。

8. fallin’
1stアルバム「our style」収録曲の中でも指折りの名曲。スウィートな歌声と清涼感のあるメロディにしびれます。カラオケ受けも抜群!

9. 運命のヒト
「君以外の他の誰かをまだ 好きになれずにいる」・・・やりきれないフレーズの数々に胸が痛みます。SHUN在籍時代に歌われたオリジナル、ATSUSHIとTAKAHIROが歌唱した2008年発表のバージョン、どちらもオススメ。

10. M&A
最後にご紹介するのは、終始ハッピーなムードに包まれたウェディング・ソングの金字塔。タイトルの「M&A」は、EXILEが所属するavex社長の松浦勝人(M)と、その奥さん(A)の名前から取られているのだそうです。