May J.の表現力に感動必至。心ときめくディズニー楽曲集「May J. sings Disney」

May J.の表現力に感動必至。心ときめくディズニー楽曲集「May J. sings Disney」


国民的アーティストとしての地位を着実に極めつつあるMay J.が、全編ディズニーソングで構成されるカバーアルバム「May J. sings Disney」をリリースした。ここ数年のMay J.が、洋邦楽曲のカバーを積極的に行ってきたことはもはや周知の事実だが、本作はそのキャリアの中でも特に骨太な部類に相当する。では、本作の一体何がじっくりと聴かせるのか、以下にてご紹介していこう。

May J.とディズニーの組み合わせを語る上で欠かせないのが、あの大ヒット映画「アナと雪の女王」のテーマソング「Let It Go 〜ありのままで〜」。May J.は、同映画の日本版エンドソングの歌い手に抜擢され、一躍ブレイクを果たした。そうしたシンデレラストーリーを契機に、May J.はディズニーとより深い関係へと発展。ディズニー関連のイベントに必ずと言っていいほど出演したり、今年8月にはニンテンドー3DS™ソフト「ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ2」のテーマソング「Sparkle -輝きを信じて-」がMay J.名義でリリースされた。同曲は、May J.にとって初めてのディズニーオリジナル楽曲であり、言わば本家の扱い。楽曲との相性も上々で、May J.とディズニーが密な信頼で結ばれていることを確かに証明していた。

本作「May J. sings Disney」には、上記の2曲はもちろん、誰もが知る名曲の数々を収録。ラインナップだけを見ても、ディズニーの輝かしい歴史を凝縮したアンソロジーなのは明白なのだが、何よりも驚いたのは、May J.の歌声が本当に素晴らしいということ。軽やかかつ神秘性にも申し分なく、いつの時代も夢を提供し続けるディズニーのスタンスをしっかりと咀嚼出来ている印象。さらに言えば、このアルバムでのMay J.は楽曲を問わずとにかく楽しげで、商業として歌を届ける以前に、本人が心からディズニーの世界観を愛し、謳歌しているのがはっきりと見て取れる。元よりディズニー好きを公言していたMay J.だが、これほどまでに生き生きとした美声を聴かせられたら、誰も文句は言えないだろう。特に、声優顔負けの抑揚を披露している「アンダー・ザ・シー」や、衒いのない絶唱が清々しい「リフレクション」あたりは秀逸の一言。

また、作品の骨子であるサウンドに関しても、May J.の柔軟性に合わせて様々なアプローチが用意されており、聴き手をまったく飽きさせない。たとえば「星に願いを」は、昨今メインストリームを席巻しているファンクを下敷きにしていることで、クラブ方面からも支持されそうなグルーヴィーな仕上りになっているし、三浦大知とのタメの効いたデュエットを堪能できる「輝く未来」の夢心地アレンジもシンプルで良い。「メインストリート・エレクトリカルパレード」に至っては、アカペラのスキャットとオルゴールの音色だけで”あのテーマパーク”のワクワク感を見事に表現するなど、カバー作品であることを逆手に取ったユーモラスな手法も随所に散りばめられている。

May J.の意表を突く奮闘と、ディズニー・ブランドの確固たるメルヘン主義が織り成す「May J. sings Disney」。これを聴けば、一瞬にして童心に返れるだけでなく、ボーカリスト:May Jの熱のこもった本領にもおのずと心を揺さぶられるはず。「Let It Go〜」を耳にし過ぎてちょっぴり食傷気味なあなたも、ぜひ一度手に取ってみて欲しい。

文:白原ケンイチ

May J.「May J. sings Disney」
May J.「May J. sings Disney」
2015年11月4日発売
rhythm zone

<CD1>
1. Sparkle -輝きを信じて-
2. 美女と野獣 with クリス・ハート (「美女と野獣」より)
3. アンダー・ザ・シー (「リトルマーメイド」より)
4. 輝く未来 with 三浦大知 (「塔の上のラプンツェル」より)
5. ディズニープリンセス・メドレー with 宮本笑里
6. 夢はひそかに (「シンデレラ」より)
7. ホール・ニュー・ワールド with クリス・ハート (「アラジン」より)
8. リフレクション (「ムーラン」より)
9. レット・イット・ゴー ~ありのままで~ (「アナと雪の女王」より)
10. 愛を感じて (「ライオンキング」より)
11. 星に願いを (「ピノキオ」より)
12. メインストリート・エレクトリカルパレード (「ディズニーランド」より)

<CD2>
1. Sparkle
2. Beauty And The Beast with Chris Hart
3. Under The Sea
4. I See The Light with Daichi Miura
5. Disney Princess Medley with Emiri Miyamoto
6. A Dream Is A Wish Your Heart Makes
7. A Whole New World with Chris Hart
8. Reflection
9. Let It Go
10. Can You Feel The Love Tonight
11. When You Wish Upon A Star
12. Once Upon A Time (Tokyo Disneyland)

<DVD>
1. Sparkle -輝きを信じて- (Music Video)
2. 美女と野獣 with クリス・ハート (Music Video)
3. 愛を感じて (Music Video)
4. Let It Go (Music Video)
5. A Whole New World with クリス・ハート (Live Show Clips [from “May J.Budokan Live 2015 ~Live to the Future~”
6. Let It Go (Live Show Clips [from “May J.Budokan Live 2015 ~Live to the Future~”])
7. 美女と野獣 with クリス・ハート (Making of “May J.sings Disney”)
8. ディズニープリンセス・メドレー with 宮本笑里 (Studio Session/Interview) (Making of “May J.sings Disney”)
9. 輝く未来 with 三浦大知 (Making of “May J.sings Disney”)

May J. 公式サイト

<こちらもオススメ>
(左)Beat Buddy Boi「come again」/(右)m-flo「come again」
Beat Buddy Boi「come again」リリース記念!m-floが生み落とした不朽の名作「come again」の歴代カバーを総ざらい!

Ms.OOJA
【インタビュー】キャリア初のミニアルバム「翼」を発表。新たなステージへと羽ばたくMs.OOJAの現在<いま>