WHITE JAMが、KEN THE 390が、當山みれいが”祝った”!2会場同時開催のライブイベント「TOKKUN SONIC」開催

WHITE JAMが、KEN THE 390が、當山みれいが”祝った”!2会場同時開催のライブイベント「TOKKUN SONIC」開催


長きに渡って渋谷の音楽シーンを盛り上げてきたライブハウス、VUENOSとclub asia。その両会場で12日、行き来自由のイベント「TOKKUN SONIC」が開催されました。

「TOKKUN SONIC」に設置されたフラッグ

この日はVUENOSのチーフマネージャーであり、当サイト「UTALABO」の運営メンバーでもある渡久山悟(通称:とっくん)の31歳の誕生日ということで、とっくん関連のイベントでお馴染みのアーティストたちが大集結。それぞれがパワフルかつユニークなパフォーマンスを駆使し、お祝いモードに花を添えていました。

當山みれい
出演アーティスト総数は、2会場あわせて計23組。ダンス&ボーカル、ヒップホップ、ギターポップ、R&Bとあらゆるジャンルを巻き込みながら、イベントは着実に熱を帯びていきました。たとえば、m-floの☆Taku Takahashiがプロデュースを担当した新曲「Love Me Crazy」が話題を呼んでいる新世代の歌姫:當山みれいは、圧倒的なボーカルスキルとフレキシブルなダンスで精彩を放ち、今年10月にメジャーデビューを果たしたばかりのFUKIは、バンドセットの潔いサウンドを軸に持ち前の柔らかなボーカルを披露。

KEN THE 390渋谷サイファー
一方、club asiaで観客を縦横無尽に盛り上げたのはKEN THE 390。フリースタイルのキレもいつにも増して鋭く、観客をすかさずロックしていました。なお、KEN THE 390と共に音楽番組「フリースタイルダンジョン(テレビ朝日系)」に出演しているクルー、渋谷サイファーもVUENOSに出演。めくるめくフロウはさすがの一言でした。そして、全時間帯のトリを飾ったWHITE JAMで、イベントのボルテージはこの日の最高地点に到達。ほぼノンストップでアゲ曲の数々を歌い上げ、老いも若きも楽しめる極上のエンターテインメントで魅了してくれました。

WHITE JAMまた最後には、半ばサプライズ的にコラボレーションコーナーがスタート。合間にはとっくん本人もステージ上に登場し、文字通り無礼講の大団円を目一杯楽しんでいた様子。

「TOKKUN SONIC」での見事な人間ピラミッド

大勢の観客も、勿論とっくん本人も終始ご満悦だった「TOKKUN SONIC」。まさにこの日限りのスペシャルなパーティーだったと言えるでしょう。多彩なアーティストが大いに盛り上げてくれた以上、来年の開催が早くも楽しみでなりません。とっくん、是非ともご検討を!

<TOKKUN SONIC 出演アーティスト>*出演順
VUENOS:羅漢/KAKU/菜々香/當山みれい/FUKI/彩 -xi-/Blue Vintage/JQ/渋谷サイファー/#ノアピ/BIG BANG THEORY
club asia:BLADe/Call My Name/HOMEY/F:ma/天才凡人/Gear 2nd/0TU1/KEN THE 390/FlowBack/Sweep/BRIDGET/WHITE JAM

VUENOS 公式サイト
club asia 公式サイト