MACOやMatt Cab、tofubeatsら話題のアーティストが出演!「onepeace」主催の音楽フェス「WE DO MUSIC」をレポート!

MACOやMatt Cab、tofubeatsら話題のアーティストが出演!「onepeace」主催の音楽フェス「WE DO MUSIC」をレポート!


MACOやMatt Cab、tofubeatsといった売れっ子アーティストたちが一同に会したイベント「WE DO MUSIC」が、3月26日に恵比寿LIQUIDROOMで行われた。同イベントは、アーティスト・マネジメント事務所「onepeace」が”新感覚音楽イベント”と銘打ち、このほど開催したもの。ジャンルや肩書きに関わらずクリエイティブなアーティストを多数擁する同事務所だけあって、当日は多彩と呼ぶにふさわしい刺激的なパフォーマンスが続々と展開された。さっそく、「onepeace」が誇る精鋭たちを紹介しながら、イベントの全容を振り返ってみるとしよう。

wedomusic-IMG_2094wedomusic-IMG_2134まずは、イベントの幕開けをスリリングなDJプレイで盛り上げたDJ NUCKEY。横浜出身、2012年にはニューヨークを拠点に活動するトップDJ集団:ヘヴィ・ヒッターズにアジア人二人目の正式加入を果たすなど、世界を股に掛けるDJとしてその名を轟かせている凄腕。この日は不朽のフロア・アンセムをはじめ、アリアナ・グランデやマーク・ロンソンといった話題のアーティストの楽曲もソツなくカバーし、幅広い層で埋め尽くされた会場をロックしていた。

wedomusic-IMG_2502wedomusic-IMG_2622続いて登場したのは、ビヨンセやマドンナらに楽曲を提供する要注目の音楽プロデューサーであり、著名DJとして知られるDiploが主宰するレーベル:MAD DECENTより自らシンガー・デビューも果たしているLIZ。上品に線を描くしなやかなハイトーン・ボイスを特徴で、昨年に発表されたデビューEP「Just Like You」の収録曲のほか、シングル・チューンのミドルR&B「Hush」などをメドレー形式で披露。ちなみにLIZは、今回のイベント出演が初来日の機会にあたり、日本の音楽ファンを前に終始ご機嫌だった。

wedomusic-IMG_2888wedomusic-IMG_2870インディーズ時代からその鋭いセンスが高く評されていたtofubeatsは、先に出演したLIZを再び招き入れ、手始めに彼女とのコラボレーション・ナンバー「CAND¥¥¥LAND」を披露。楽曲をプレイし出すやいなや「一緒に踊ってください」と、同曲の基調となっているパラパラを大胆不敵に踊り出し、観客の興奮を誘っていた。その後も「Don’t Stop The Music feat.森高千里」や「朝が来るまで終わる事のないダンスを」といった安定の持ち曲をノンストップで繰り出したほか、4月1日にリリースされたばかりのニューアルバム「STAKEHOLDER」収録の「window」、さらには自身の代表曲とも言える「水星」など5曲をお得意の”ロボ声”で歌唱。いたってカジュアルな佇まいもさることながら、曲のキュー出しから歌唱までをすべて単独でやってのけるステージング・スタイルも、シンガー/DJ/プロデューサーとマルチな表情を持つtofubeatsならではの離れ業と言えるだろう。