【7/18 FRESH RHYTHM出演】弱冠17歳のディーヴァ、青野紗穂って一体何者!?

【7/18 FRESH RHYTHM出演】弱冠17歳のディーヴァ、青野紗穂って一体何者!?


「UTALABO presents FRESH RHYTHM」UTALABOが初めて主催するライブイベント「UTALABO presents FRESH RHYTHM」。その個性豊かな出演者たちを、サイト独自の切り口でピックアップ!。今日ご紹介するのは、間もなくデビューEP「INTRODUCTION」を発表する青野紗穂。現役の女子高生というフレッシュな境遇にありながら、すでに大人顔負けの歌唱力を持つ彼女の魅力に迫ります!

 

若くしてアポロシアターを制覇!描かれるべくして描かれたシンデレラストーリー


青野紗穂は兵庫県西宮出身、現在17歳の女性シンガー。5歳の頃からダンスを習い始め、エイベックス主催の「キラット☆エンタメ・チャレンジコンテスト2007」では約2000人の中からモデル部門の特別賞を受賞。それをきっかけに、エイベックス・アーティストアカデミーで歌とダンスのレッスンを本格的に開始します。

転機が訪れたのは2012年。かねてからの目標に掲げていたアポロシアターのステージに立つべく、当時14歳という年齢で渡米。プロへの登竜門と謳われるイベント「アマチュアナイト」のキッズ部門に日本人中学生としては初の出場を果たし、見事優勝を勝ち取ります(歌唱曲はホイットニー・ヒューストンの「I Have Nothing」)。

そこから着実に活動の幅を広げる中、2015年に入るとフジテレビ系列の音楽番組「水曜歌謡祭」の準レギュラーに応募総数100名以上の中から抜擢。メインはもちろん、コーラスなども担当する「水曜シンガーズ」のメンバーとして、生放送の現場を大いに盛り上げることに。そして2015年7月8日、彼女がもっとも待ちわびた瞬間であろうデビュー作「INTRODUCTION」がいよいよ配信リリース。スキルも実績も有り余る彼女が本作を機にどう羽ばたいていくのか、早くも業界内外から熱い注目が集まっています。

アップチューンでも、バラードでも。自由自在に冴え渡るボーカル


青野紗穂のセールスポイントは、何と言ってもその安定した歌唱力。大らかですっきりとした声質はとても耳馴染みがよく、ティーンらしいまっすぐな機動力に溢れています。くわえて、大胆不敵なアプローチも辞さない堂々とした姿勢も備えており、観客はどんな手が飛び出すのかと、常にドキドキワクワクしながら彼女のステージを楽しむことが出来るのです。このあたりのエンタメ魂はまさしくアメリカで得た経験の賜物。とにかく肝が据わってます。