【インタビュー】キャリア初のミニアルバム「翼」を発表。新たなステージへと羽ばたくMs.OOJAの現在<いま>

【インタビュー】キャリア初のミニアルバム「翼」を発表。新たなステージへと羽ばたくMs.OOJAの現在<いま>


ソウルフルなハスキーボイスを武器に、日に日にその魅力を増しているMs.OOJA。彼女が2015年第一弾作品として送り出す「翼」は、冷静かつシリアスな世界観、そして鋭くハードなサウンドが心を揺さぶる色んな意味でショッキングなミニアルバムだ。最近ではフジテレビ系の音楽番組「水曜歌謡祭」に水曜シンガーズの一員としてレギュラー出演を果たしたり、松山ケンイチ主演の映画「天の茶助」の主題歌に同作収録の「翼」が起用されたりと、もはやトピックにも事欠かなくなったMs.OOJAだが、本作から解き放たれる強大なエネルギーを感じ取るに、彼女が何よりも音楽の本質と誠心誠意向き合っていることに気付かされる。一体、Ms.OOJAは今、どんな風に音を見つめているのか。まずは、絶好調な近況について語ってもらうとしよう。

インタビュー・文:白原ケンイチ

1曲1曲に全曲で取り組めたアルバム


——水曜歌謡祭、観てますよ。

Ms.OOJA:ありがとうございます!

——レギュラーメンバーとして出演し始めてみていかがですか?

Ms.OOJA:想像以上に楽しい現場です。日本の名曲を歌うことで音楽の素晴らしさを伝える番組なんですけど、メインのパートを歌うだけでなく曲によってはコーラスを担当したりと、普段あまりやらないことをやらせて頂いているので、とても刺激的です。あとは自分が子どもの頃にテレビで観ていたアーティストの方と共演出来たりするので、それはやっぱり嬉しいですね。

ーー同じくレギュラーで出演されている「水曜シンガーズ」の皆さんとはいかがですか?

Ms.OOJA:みんな仲良いですよ!年代もバラバラだし、この番組で初めて顔を合わせた人も多いんですけど、とても仲良くさせてもらっています(笑)。

——「水曜歌謡祭」は生放送という点が大きな特徴ですが、生放送での歌唱は結構ご経験があるんですか?

Ms.OOJA:何度かありますね。ただ、ああいった豪華な方々が出演される番組に出させてもらえるというのは、後にも先にもとても貴重です。

——それなりに緊張感もあります?

Ms.OOJA:いえ、逆に楽しんでやらせてもらっています。大変なことも多いんですけど、何より勉強になることが多いので、どんどん吸収していこうと。

——「水曜シンガーズ」はオーディションによって出演者が決定されたそうですが、ということはもちろんOOJAさんも?

Ms.OOJA:受けました!課題曲を2曲ほど歌ったんですけど、メジャーデビューして以降はオーディションを受ける機会ってほとんどなかったので、そのときはものすごく緊張しました。そういう意味でも初心に返って気を引き締められますね、水曜歌謡祭は。

——いつかご自身の持ち歌を番組内で誰かが披露する、なんて日も来るかもしれないですね!

Ms.OOJA:それ、ちょうどこないだ夢で見たところなんですよ(笑)。私の歌を誰かが歌ってくださるっていう。いつか現実になればいいなぁ。

——さて、今回リリースされるアルバム「翼」は、キャリア初のミニアルバムということで。OOJAさんと言えば、毎年この時期になるとコンスタントにフルアルバムを発表している印象があるのですが、今年はミニアルバムなんですね。

Ms.OOJA:当初はシングルを出す話もあったんですけど、「せっかくなら出来るだけがっつり聴いてもらえる作品を作ってしまおう!」ということで、ミニアルバムを制作することになりました。フルアルバムだと曲調とか、色んな部分でバランスを取りながら収録曲を選んでいく必要があると思うんです。でもミニアルバムは、短い時間だからこそ統一された世界を表現する余地があるし、1曲1曲にも全力で取り組めるのが魅力だと思っています。実際に、作っていてとても楽しかったんです。

——事実、世界観の濃さや説得力に関して言えば、本作はフルアルバムに引けを取りませんよね。翳りのあるサウンドがとても印象に残ります。

Ms.OOJA:今回は「強さ」をテーマに、ミディアムやバラードを中心に構成しているんですけど、もしこれをフルアルバムとして表現すると、もっと重い感じになってしまうと思うんです。それもこれも、ミニアルバムだからこそちゃんと成立させられたのかなって。

——確かに、本作を取り巻くトーンがフルアルバム級に続いたら、ずっとトンネルの中にいるような、それこそ暗い気持ちに陥ってしまうかもしれないですね。

Ms.OOJA:そうなんですよね(笑)。「シナリオ」とか結構濃い世界観だからなぁ。どの曲もネガティブとポジティブを交差させながら書き上げたので、決して軽い味わいではないんですよね。

——今回このような作風を打ち出そうと思ったのには何か理由があるんですか?

Ms.OOJA:昔から、明るく陽気な曲よりも、哀愁があるいわゆるマイナー調の音楽の方が好きで。過去に発表したアルバムでも、自分の好きな曲調を取り入れる機会というのはあったんですけど、今までの場合は自分が好きなものだけじゃなく、リスナーの皆さんがどういうMs.OOJAを見たいのか、という点も強く意識しながら作っていたんです。やっぱりアーティストである以上、そういう面に気を配ることも大事だと思うし、色んな要素が合わさってMs.OOJAというアーティストが成り立っていると思うので。だから今回、自分のやりたい音楽性をミニアルバム全体に採用するにあたって、正直悩むところもあったんです。ファンの皆さんがMs.OOJAのイメージにギャップを感じたりしないかなって。でもスタッフのみんなとも相談して、表現したい音楽を素直に打ち出そうと決めたことで、自分の中の迷いは完全に吹っ切れました。

——まさに本作で、OOJAさんのパーソナルな精神がひとつ突き抜けたと。

Ms.OOJA:そうですね、今回に関してはすっごく反映されていると思います。特に1曲目の「翼」という曲は映画「天の茶助」の書き下ろしということで、実際に映画の映像を観ながらプロデューサーのCozziさんと一緒に作っていったんですけど、Cozziさんの曲も言い表すなら”曇り空”といった雰囲気の曲調が多くて、以前からすごく好きだったんです。二人三脚で作り上げたからこそ、自分にとってもお気に入りの1曲になりました。